カテゴリー「RICOH R10」の41件の記事

2012年5月21日 (月)

♪You は食! 月で日が隠れてる

Solar_eclipse_20120521_3 千円のムックに付いてた紙製の日食メガネをコンデジに当てがい、通勤途上に手持ち連射で撮影。連射だから解像度は低い。ま、記念としてはこんなもんでしょ。京都では、右下がぎりぎりかろうじて繋がるくらいの金環。

 きっちり晴れているのに、ただただあたりの光量だけが落ちてゆくというのは、じつに奇妙な体験だった。まるで晴れの日に外出している夢を見ているかのようだ。おれは北欧なんて行ったことないけど、あるいは白夜ってのはこんな感じなのかもしれんな。

 わが日の本の国には、このところずいぶん翳りが見えてきているが、なあに、この日食で底を打ったことにしておこう。明日という字は、明るい日と書くのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

斑猫との再会

Hammyou01_2

 こいつはいったいなにか、おわかりになるだろうか? いまの若い人なら、実物を見たことがある人はもはや少数派だろう。知らない人には大きさすら見当もつかないかもしれない。およそ二、三センチの小さな昆虫だ。

 「斑猫」である。なに、読めませんか? いかんなあ、筒井康隆はちゃんと読んでおかなくちゃ。「ハンミョウ」だ。おれも今日、山でひさびさに見たのである。

 ふと、子供のころに住んでいたあたりに無性に行きたくなり(と言っても、地下鉄で数駅だが)、ただただそのあたりを散歩して、四十年以上の時の流れを感じてきた。むかしハンミョウがたくさんいた山道をおれは知っており、そのそばの寺に行ってみると、なんと、こいつがいたのだ。人間、五十も近くなると、「むかし、このへんにはこんな虫がいたなあ」などと懐かしく思い出す場所は、たいてい見る影もなく様変わりしているものだが、またこのへんでハンミョウにめぐりあえるとは、うれしいかぎりだ。

Hammyou02

 できるだけ寄って撮りたいのはやまやまなんだが、ハンミョウというやつは、ものすごく振動に敏感である。人間の足音を感じるや否や、ふわっと飛んで、一、二メートル先に、ふわっと止まる。そのさまから、「ミチオシエ」という別名があるくらいだ。

 だものだから、愛機 RICOH R10 必殺の1cmマクロも、ハンミョウ相手では役に立たない。一センチまで迫るどころか、息を殺してじわじわ間を詰めても、一メートルくらいまで寄るのが精一杯だ。

 汗だくになりながら、しばしハンミョウと格闘。振動を感知されないよう、一メートル前後から望遠で極力寄る。

Hammyou03

 前翅がじつに美しい。ピンぼけしているかのように見えるんだが、これは、捕まえて手の中で間近で見たとしても、このように見える。ゼリーで覆われているかのように奥行きのある不思議な感じだ。

Hammyou04


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

一縷の望み

A_ray_of_hope


 これはなかなかラッキーな構図を捕まえられた。題して「A Ray of Hope」。ぜひ、大きな画像を全画面表示でご覧いただきたい。

 「短期的に希望を持つな、長期的に絶望するな」 ―― 日野啓三


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

When Doves Fly

When_doves_fly_2

 こりゃ、われながら、ちょっといい感じの写真が撮れたなあ。

 川の堤防を歩いていると、向こう岸の河原に鳩がいっぱい群れていたので、コンデジを望遠にしながら向けると、やつらがいっせいに飛び立った。

 「これはチャンス!」とばかりに、おれは液晶モニタを見るのをあっさり諦め、カメラを胸元に構えて被写体を肉眼で確認しながら、鳩の速度に合わせて身体を回転させ、当てずっぽうで流し撮りをした。フォーカスは指先の操作のタイミングと機械頼りだ。

 どうしても被写界深度が深いコンデジはこういう流し撮りには向かず、スピード感があんまり出ないのがふつうだけれども、条件次第ではこの程度には撮れるもんなんだなあ。ラッキー!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

前進翼

Forward_swept_wing_2

 惚れぼれするなあ。ブーメランのようだ。

 オーーーラーーーー!(ふるっ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

着水態勢

Hover_2

 脚がかっこいいんだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

Missing K's

Ado

 こ、これは……。シアトル・マリナーズのファンの仕業にちがいない。きっと K が足らなくなって、最近はイチローの祖国にまで取りにくるようになったんだろう。ヘルナンデスはそんなにがんばっているのかー。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

京都買います?

 夏休みで天気もよかったので、ふと気まぐれに平等院へ行ってみる気になった。八月になってから『怪奇大作戦』を全話(もちろん、第24話は除く)観直し“おさらい”してみて、「京都買います」の映像美に改めて感嘆したので、近場のロケ地を訪れたくなったのかもしれない。ラストシーンの祇王寺とかへ行くのは、京都の南の端に住んでる者にとっては、けっこうたいへんだからね。休みに外に出てみようと思っただけでも、超出不精のおれにとってはきわめて珍しいことなのだ。

Byodoin01 京阪電車宇治駅から平等院までの道には、いろいろなお店がある。宇治だから、圧倒的にお茶屋さんが多いが。

Byodoin02 SFファンなら、なにやら妙に敬意を抱いてしまう名前のお茶屋さん。

Byodoin03 ここも通販で全国的にも人気。お茶を使ったお菓子がいろいろある。

Byodoin04 十円玉の“表”でおなじみ、平等院鳳凰堂。正面右から。

Byodoin05 屋根に付いてる鳳凰は、手塚治虫『火の鳥 〈鳳凰編〉』でおなじみ(そういう連想しかできんのか)。拝観料六百円には、敷地内の博物館「鳳翔館」への入館料も含まれているが、鳳凰堂の中に入るには別途三百円が必要(決まった時間に五十人ずつガイドに連れられて入る)。写真撮影禁止の「鳳翔館」の中には、鳳凰堂の屋根にある鳳凰のレプリカなどが展示されている。『火の鳥 〈鳳凰編〉』で茜丸が作る“駄作”の鬼瓦もある(笑)。

Byodoin06 『怪奇大作戦』の「京都買います」で、仏像を愛する女・美弥子斎藤チヤ子)が古びた木製のベンチに腰掛けて鳳凰堂を愛でているところに、SRIの牧史郎岸田森)が背後から歩み寄って声をかけるシーンと、ほぼ同じアングルから撮ってみたのだが、撮ってみて気づいたのは、「京都買います」のこのシーンは、かなり高いアングルから撮っているということだ。高いところから撮ると、美弥子と鳳凰堂のあいだに池がきれいに写るのである。おれの身長くらいの高さで撮ったのでは、このアングルでは池は写らない。また、美弥子がいる陸地の形も池の面積も、植木や柵の杭のありさまも、『怪奇大作戦』撮影当時とは変わっている。そもそも、ここにはベンチなどないのだが、これはまあ、撮影のために臨時に置いたとも考えられる。また、この写真の左に見切れている樹は「京都買います」の当該シーンにはないが、けっこうな古木だからこれは当時もあったろう。たぶん、ギリギリ樹が写らないようにこの写真よりもちょっと右に回りこんだところにカメラを置いたのだろう。

Byodoin07 ちょっとしたハプニング(?)。ほんものの鳥が、二羽の鳳凰のあいだに留まった。ぴったりど真ん中に留まっているということは、この鳥、鳳凰に気を遣っているのか? 面白い写真が撮れそうなので、おれもしぶとく待ち、シャッターチャンスを狙う。

Byodoin08 やっぱり、どう見てもこいつ、鳳凰を仲間だと思っているらしい。

Byodoin09 反対側にまわり込んでも、まだなにやら鳳凰に話しかけて(?)いる。「そんなに肩肘張るなや」とでも言っているのだろうか。

 おれは個人的にはべつに平等院がそれほど好きではない。近場だから、『怪奇大作戦』のロケ地だから、出かけてみただけた。十数年ぶりだろうか。平等院ってのは、なんかこう、なに不自由ない貴族が、死だけは誰にも平等に訪れるという厳然たる事実を不条理に感じて(おれはこんなに金持ちで、こんなに現世の権勢を誇っているのに!)、金にあかせて極楽浄土を模してみただけの意地汚い建築物のように見えてしかたがない(いやまあ、専門家の方々はいろいろご意見もあるのだろうが、おれは素人だから)。その意地汚さの中で、あの鳳凰だけは、なぜか人類共通の憧れの象徴のように、美しく、雄々しく翼を広げている。きっと、そうした人間の意地汚さと鳳凰の美しさの対比こそが、手塚治虫の創作意欲を刺激したのだろうなあなどと想像するのは楽しい。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

ヌートリア ―― 齧歯類補完機構

 先のエントリーで「ヌートリアだって、ざらにおるくらいだからなあ」などと書いていたが、どれくらいざらにおるものか、天気もいいので、デジカメ持って徒歩二分の山科川へ出かけてみた。堤防をうろつくこと十数分、たちまち見つかった。どんだけ“ざらに”おんねん。ここは日本か?

Coypu01

Coypu02

Coypu03

Coypu04

 四枚めのは、上の三枚とは別の個体。探しはじめて三十分もしないうちに、二匹見つけたわけである。もはやこいつも、日本の動物なんだなあ。鴨川にはたくさんいるといった記事を新聞で読んだことがあるが、山科川だってフツーにいるんだよね。すぐそばの川に、ミシシッピアカミミガメやらヌートリアやらが、なーんの違和感もなく生活しているってのは、ちょっと不思議な気持ちだ。

 ま、おれが住んでる団地の同じ棟には、中国人もインド人もいるし、近所のスーパーのレジには、中国語と朝鮮語と英語と日本語で「両替お断り」といった意味のことを書いた貼り紙がしてある。ボーダーレスだねえ。多様性がないよりは、いろんな連中がいるほうが、ずっとましだけれどね。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

こんなカメ、近所にいますか?

Kame

 今日、買いものに出たときに、あまりに天気がよかったので近所の川(山科川)の堤防をぶらぶらと散歩していたのだが、対岸の陸地にちょうどカメのようなものが水から這い上がったのを見つけた。そいつはトコトコとカメにしてはかなり早い足取りで叢のほうへ向かって歩いてゆく。遠目にもなにやら見慣れない輪郭だなあと思ったので、ちょうど持っていたデジカメを慌てて取り出し、望遠鏡代わりに目いっぱいズームアップして撮った。

 なにぶん遠かったうえに慌てていたので、ぼんやりとしか撮れていないのだが、おれはこんなカメがそこいらへんを歩いているのをいままで見たことがない。なんだこいつは? 外来種なんだろうか? どなたか、カメに詳しい方、こいつは何者なのか推定してくださらないだろうか? なにしろ、昨今は、どんな奇妙な生きものが近所の川にいても、さほど不思議ではなくなってしまった。ヌートリアだって、ざらにおるくらいだからなあ。



| | コメント (5) | トラックバック (0)