« ノンアルコールビール補完計画 | トップページ | 今月の言葉 »

2012年4月23日 (月)

怒りのあまり暴徒と化した場合の心がけ

 おれは、まず脱原発をゴールとしっかり決定し、それが完了するまでのあいだは、危険性の少ない炉から博打を打って再稼働しろ(どのみち、動いていようが止まっていようが、廃炉を完了しないかぎり、危険性は大きくは変わらない)という考えだが、今回の大飯再稼働の政府の手順はあまりにもむちゃくちゃで、たいへん心配している。

 なにを心配しているかというと、もし大飯でまた福島に匹敵するようなことが起こったら、さすがにおとなしい日本人も黙っていないだろうということだ。そらみたことかという怒りのあまりに感情の箍が外れた一部の人々が暴徒と化し、今回むちゃくちゃな手順で再稼働を推し進めた政治家どもを吊るしにかかるだろう。事故の翌朝には、野田仙谷枝野細野はズタボロの肉塊と化し、ムッソリーニのように永田町の路傍に逆さ吊りにされていることだろう。道行く人はその肉塊に石ころや人糞を投げつけてゆくかもしれない。

 まあ、不誠実な嘘つき政治家どもはべつに吊るされてもいいのだが、おれがほんとうに心配しているのは、原子力関係の科学者や技術者たちである。民衆が怒りにまかせて彼らまで吊るしてしまったら、直近の事故に対処できる人材が減るし、廃炉のために働いてもらわねばならない人材も減る。そうなったら、もうどうしようもない。

 だから、これからもし、政治家がめちゃくちゃな手順で強引に再稼働した炉になにかあっても、そりゃまあ、お怒りになるのはごもっともだが、科学者や技術者は軽々に吊るしたりしないでほしい。その怒りは、政治家や官僚に向けてほしい。腹立たしいことではあるが、学者や技術者たちには、ケツを拭いてもらわなくてはならない。何十年かかるかわからないが、きちんと全炉を廃炉にするには、たとえこれから原発事故が何回か起こったあとであっても、ちゃんと原子力分野の学者や技術者を新たに養成してゆかねばならないのだ。現状レベルの政治家の代わりなんていくらでもいるが、社会から白い目で見られながら、終わってゆく分野に一生を捧げようと研究・研鑽してくれる科学者や技術者は、今後はそうそう出てこない。かけがえのない存在だ。

 というわけで、もしあなたが暴徒と化した場合でも、たまたま目に入った科学者や技術者の脳天をかち割ろうと振りかぶったゲバ棒(いつの言葉だよ)をぐっとこらえて、嘘つき政治家や自己保身官僚のほうに振り下ろしていただきたい。


|

« ノンアルコールビール補完計画 | トップページ | 今月の言葉 »

コメント

知美様
先日(28日)は、お会いできて・・・、あれっ?!
耕の不良オヤジです
やっとの事で、この現場に・・・?辿りつきました
拝見してビックリ!!
毎日チェックしますね・・・!
僕も、チェルノブイリ事故から会津でのアクションに参加行動・支援しています・・・
会津も頑張っていますので、今後とも・・・魂の叫び・・・ご支援をヨロシクお願いします
最近、上記ブログを書き始めました
お時間がありましたら、ヨロシク!!
   高橋ヒロユキ 拝


投稿: 高橋 ヒロユキ | 2012年4月30日 (月) 22時28分

>高橋 ヒロユキ 様

 はい??

 えーと、なんか人ちがいじゃないでしょうか。私、今年五十のおっさんですけど。

投稿: 冬樹蛉 | 2012年5月 1日 (火) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/54545242

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りのあまり暴徒と化した場合の心がけ:

« ノンアルコールビール補完計画 | トップページ | 今月の言葉 »