« 今月の言葉 | トップページ | いろんなところにスジ者が…… »

2012年1月 9日 (月)

Olasonic 薄型テレビ用高音質スピーカー ブラック TW-D7OPT(B)(東和電子)

 テレビを地デジにしたはいいが、昨今の薄型テレビは、形状を重視するあまり音を犠牲にすることおびただしく、外付けスピーカー付けなきゃなあと思っているうちに、ずるずると一年くらいテレビだけで観ていた。映画を観るときなどは、さすがにゼンハイザーのイアホンで没入して観ていたが、日常的には外付けスピーカーがなくても、とくに不便はしないものだから、なかなかスピーカーを買おうと腰が上がらなかった。PC用のアクティブスピーカーと、音響メーカーの本格的なスピーカーとの中間に位置するような、手ごろな値段のテレビ用スピーカーがなかなか見当たらなかったということもある。

 そこで、去年の十二月。毎年クリスマスには、妹宅に一家で使えるようなものをプレゼントしているのだが、はて、今年はなににしたものかと考えていて、思い当たった。おお、そうじゃ。妹宅もウチに半年くらい遅れてアナログ停波ぎりぎりくらいに地デジにしたのだった。ということは、妹宅は、今年初めて地デジで年末年始を迎えるわけだ。紅白歌合戦やジャニーズのカウントダウン(姪たちはジャニヲタである)、年末年始の映画やなんかをいい音で聴かせてやろう。テレビ用のスピーカーを贈ることにするか。ついでに、おれも買おう。

 というわけで探してみると、昨年の六月にこいつが出ていて、約半年間の実績を調べると、なかなか評判がよかった。価格帯もちょうどおれが探していたものだ。よっしゃ、これにしよう。もしハズレでも、薄型テレビの内蔵スピーカーよりはましであろう――と、妹宅にプレゼント。おれ自身も買った。

Olasonic01

 年末年始、がっつり使ってみた結果、たいへん気に入った。このテレビ専用外付けスピーカーのいいところは、ふつうの家庭であればまず使っていないであろう、テレビ本体の光デジタル音声出力端子から信号を取るところだ。当然、光ケーブルが添付されている。通常のオーディオ端子からも取れるが、そっちは全然音がよくない。でも、オーディオ端子から取れば、テレビ側のリモコンで音量がコントロールできるが、光デジタル音声出力からだと、スピーカー側のリモコンで音量をコントロールしなければならない。一長一短なんだが、音量コントロールが別になったとしても、やっぱり光のほうが断然音がいいんで、少々の面倒は許せる気になる。

 PCであろうがテレビであろうが、外付けスピーカーを付けたときの面倒は、PCやテレビの電源と連動してくれないことなんだが、こいつはテレビ専用というだけあって、テレビの電源オン/オフにスピーカー側の電源も連動してくれるのが嬉しい。

 肝心の音だが、いままで内蔵スピーカーで聴いていたのがアホらしくなる。そりゃまあ、オーディオ専用機の音質を期待してはいけないけれども、テレビ用という利用シーンをきちんと考えた価格相応の音がちゃんと出る。それを実感したのは、意外にも『紅白歌合戦』ではなく、そのあとの『ゆく年くる年』だった。ぴーんと張り詰めた冷気の中に鳴り響く除夜の鐘、初詣の参拝者たちの息遣いやざわめき、踏みしめられた土の軋む音などなど、その場の“空気感”がちゃんと伝わってくる。おれは昨年の『ゆく年くる年』も、地デジ化したばかりのこのテレビで観たが、臨場感が全然ちがう。つまり、せっかく信号としてはちゃんと送られてきているのに、内蔵スピーカーでは再現し得なかった音が、この外付けスピーカーではちゃんと聞こえてくるのである。

 部屋をがっつり5.1chサウンドのオーディオ要塞のようにしている人にとっては、これはおもちゃのようなものだ。だが、地デジ化を機に薄型テレビにしたが、薄型テレビの内蔵スピーカーなどという屁のようなものでテレビを観ている人には、これはお薦めである。どんどん安くなってくるテレビ本体の価格を考えると、音に一万五千円出すのはどうかと思うが、テレビの場合は音と映像はセットであって、現在のテレビ受像機は、怖ろしいほどに映像偏重なのである。せっかくものすごい質の画が映っているのに、音があまりにもしょぼいというのは、結局、安物買いの銭失いなのではないか。ほんのちょっと音のほうの質を上げてやると、画質までちがって見えてくるものなのだ。

 テレビ用ということで考えてあるのだろうけれども、こいつの音のチューニングは、人の話し声にとてもフィットしている。これで聴くようになってから、とにかくテレビのトークがものすごく聴きやすくなった。真夜中など、音量をきわめて低く抑えていても、トークがしっかり聴き取れる。

 おれがオーディオ機器を評価するときには、いつも「オーディオ機器なんてものは、とにかく金さえ出す気であれば、いくらでも高性能のものが手に入るのだから、価格相応の性能であったところで、それはあたりまえなのである。価格を裏切る高性能に当たったときに、お得感もひとしおだ」って言うんだけど、こいつは価格を裏切るほどじゃないが、価格相応の性能だと思うよ。

Olasonic02_2

 こんな感じ↑で愛用してる(^_^;)。


|

« 今月の言葉 | トップページ | いろんなところにスジ者が…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/53691572

この記事へのトラックバック一覧です: Olasonic 薄型テレビ用高音質スピーカー ブラック TW-D7OPT(B)(東和電子):

« 今月の言葉 | トップページ | いろんなところにスジ者が…… »