« 夢を見る能力と子どもたちに託す想い | トップページ | 薄幸の階段 »

2009年12月27日 (日)

『ようこそ桜の季節へ』(桜/よしもとアール・アンド・シー)

 コンビとしての「」、最初で最後のDVDである。お断りしておくと、おれはこれを“お笑い”のDVDとして万人にお薦めしているわけではない。桜のファンか、稲垣早希のファンか、増田倫子のファンでもないかぎり、“こういう世界”にぜーんぜん縁のない方にはお薦めできない。ま、たぶんここを読んでいるような方々は、“こういう世界”の住人であるとは思うが……。あと、お薦めできる人といえば、そうだなあ……天津・向か。あると思います(それはちがう、それは)。

 彼女らの“エヴァ漫才”はテレビやネットでさんざんおなじみであるとは思うけれども(え? ご存じない? 不憫やなあ……)、このDVDはエヴァ漫才メインではない。「へー、こんなのもやってたんだ」と、いまさらながら惜しいコンビだったのだなと気づかされる。まあ、はっきり言って、学芸会みたいなとこもあるが、“こういう世界”が好きな人にとっては、そんなことは気にならないのである。

 稲垣早希はもはや全国区であるが、このDVDを観ると、増田倫子のボーイッシュな魅力に改めて気づく(関西の人以外でも)。増田は本来得意なダンスに打ち込むために「桜」を“卒業”するということで、お笑いをやめるのは惜しい気がする。

 京橋花月でのライブ「桜の季節 ~2分咲き~」に加えて、小ネタ、ロケネタを集めた「桜の冒険」を収録。関西人にしかわからんネタもあるけどね。「稲垣早希のやってみよう!」では、稲垣が太巻きでサキエルを作るという、わからない人にはさっぱりわからないネタが展開され、「増田倫子のやってみよう!」では、ゴルフ好きの増田がいろんなものを片っ端から打ちっぱなしでひっぱたき、どれくらい飛ぶかを試す。「ベリーダンスでセクシー早希ちゃん」「ロケみつ」ファン必見。ブログ旅の入浴シーンを除いては、おそらく稲垣早希最大露出なんだが、あんまりエロくないのが不思議。むしろ、増田倫子がメイドカフェで働かされる「メイドでプリティー倫ちゃん」のほうがよっぽどエロいのであった。

 コンビとしての活動期間が短かかった「桜」を見ていると、かつての「トゥナイト」をおれは思い出す。しずか引退後のなるみは、いまではすっかりベテランのお笑い人として大成しているんだから、早希ちゃん・倫ちゃんにも、それぞれの道で大成してもらいたいものである。今後、「桜」みたいな若い女のコの漫才コンビが増えてくるんだろうなあ。

Sakura_photo1_2 「初回プレス限定封入特典」として、「桜」の生写真(五種類の中から一枚をランダムに封入)が付いている。おれは、こんなのが当たりました。



|

« 夢を見る能力と子どもたちに託す想い | トップページ | 薄幸の階段 »

コメント

 あ、なんてことだ。今日は早希ちゃんの誕生日だ。

 おまけに『ロケみつ冬休みSP!エヴァ娘サキちゃん大会「第1夜」』だし( http://tv.yahoo.co.jp/program/?area=osaka&minnaid=200521&week=0&date=20091227&stime=2520 )。関西に住んでてよかったなあ。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年12月27日 (日) 19時32分

>関西に住んでてよかったなあ。

やっとのことで先々週からTBSでロケみつ関西縦断ブログ旅(再編集版)の放送が始まった。やっぱ大きな画面で見る早希ちゃんは良いね。
1年遅いんじゃボケTBS!
すでにTBSには面白い番組の制作能力は無いんだからMBSのネット局にでもなれば良いのに。

投稿: 超時空漫才 | 2009年12月28日 (月) 03時49分

このDVDは未試聴なのですが、早希ちゃんのように、最近の女芸人さんには芸風として自虐(モテないとかブサイクとか)をあまり必要としない人が増えてますよね。ジェンダー的観点からいろいろと考察できそうな気がします。

投稿: natsu | 2009年12月28日 (月) 06時10分

>超時空漫才さん
>すでにTBSには面白い番組の制作能力は無いんだからMBSのネット局にでもなれば良いのに。

 『水戸黄門』の再放送を常時流しておけば、いちばん視聴率が取れるという噂も(^_^;)。


>natsuさん

 ほんとに最近のお笑いには美人が多いですよねえ。下手なアイドルより美人です。もしかすると、美人であるがゆえに屈折するという社会になってきたのかな(^_^;)?

投稿: 冬樹蛉 | 2009年12月29日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/47116603

この記事へのトラックバック一覧です: 『ようこそ桜の季節へ』(桜/よしもとアール・アンド・シー):

« 夢を見る能力と子どもたちに託す想い | トップページ | 薄幸の階段 »