« 「流線型にシルバーのカッコ良すぎる未来」ではないけれど、捨てたもんでもない | トップページ | つげ式 »

2009年11月24日 (火)

風呂に入る前に腹筋運動をするメリット

 おれは風呂に入る前に腹筋運動をするのを習慣にしている。十分であろうが十五分であろうが、やらないよりはましなのであって、意志力が続かないおれのような怠惰な人間は、とにかくなんであれ習慣にしてしまうようにすればよいのだということは、さすがにいままでの人生で学んでいるのである。

 ではなぜ風呂に入る前に腹筋運動をするのか? じつに単純なことなのである。説明しよう。

 まず、腹筋運動をする際には、上半身裸になることが必須である。これはもう、絶対に裸にならなくてはいけない。

 「ああ、知ってる知ってる。筋トレってのは、鍛えるターゲットになる筋肉がちゃんと動いているか、確認しながらやるほうが効果が上がるんだよね。たいていのフィットネスやら筋トレやらのサイトにはそう書いてある」

 ……いやまあ、それもあるが、それは裸になる主たる目的ではないのだなあ。

 上半身裸になって腹筋運動をするとだな、汗ばんでくると、背中に埃やら髪の毛やら、床に落ちているゴミがいろいろとくっついてくる。おれの場合、カーペットの上でやっているので、それはもう、ゴミが取れる取れる。どうせ腹筋運動をするなら、床の掃除もいっぺんにやってしまおうという魂胆なのである。自分の裸の背中をクイックルワイパー代わりに使えばよいのだ。

 でもって、ひととおりメニューをこなすと、背中が埃だらけになる。なあに、かまうものか、これから風呂に入るのだ。

 ――というわけで、腹筋運動は上半身裸で、風呂に入る直前にやるのが合理的であるという結論にたどり着いた。われながら、すばらしいアイディアだ。

 筋トレなんてものは、ただやっていると、あまりの非生産性に落ち込んでくるものである。ただただ運動するなんて、なんて時間の無駄遣いなのかと、どんどんアホらしくなってくる。であるからして、ついでに掃除をすることにすれば、筋トレの虚しさが多少なりとも緩和されるというものだ。

 これはおすすめ。もっとも、上半身裸のままで、廊下やら台所やらを背中で拭いてまわるようになるといくらなんでもこれは本末転倒なので、せいぜいあまり掃除をしていない部屋で腹筋運動をするように心がける程度にしておいたほうがよいと思う。



|

« 「流線型にシルバーのカッコ良すぎる未来」ではないけれど、捨てたもんでもない | トップページ | つげ式 »

コメント

貴・日記、いつも楽しく拝読。
以下私事的「横米」です。
私は、一日一回目薬をさします。目薬は、さしてから一分間以上目をつぶっていなければ効果が無いことを、還暦を過ぎてから知りました。目をつぶっての一分間は、あまりにも長すぎます。
そこで、腰痛予防の「ごろにゃん体操(NHK教育TV テレビ体操による)(約一分間)」と、腹筋運動50回を、日常としとります。「背中でついでにお掃除」とは、まさに「目から鱗がボロボロ」状態でした。しかし、奥深き岩手山中では、あと半年は無理。寒くって風引きますってば。来年五月以降に試してみます。
しかし、腹筋50回程度では、なんの効果も見られぬは、残念。

投稿: takato | 2009年11月24日 (火) 18時04分

久しぶりにくぷくぷと笑いながら読んでしまいました。
人間クイックルワイパー、いいですねぇ~
じゃあね

投稿: こり | 2009年11月24日 (火) 23時48分

お久しぶりです。
すごく笑わせてもらいました!。
スリッパがモップになってる便利グッズを連想してしまいましたよ(笑)

投稿: たぬき | 2009年11月26日 (木) 08時59分

汗が床につきませんか~?

投稿: 湖蝶 | 2009年11月27日 (金) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/46804978

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂に入る前に腹筋運動をするメリット:

« 「流線型にシルバーのカッコ良すぎる未来」ではないけれど、捨てたもんでもない | トップページ | つげ式 »