« 今月の言葉 | トップページ | ネクタイの悪魔 »

2009年10月 2日 (金)

弱い者たちを先に逃がそう

新型ワクチン接種、政府方針を決定 (YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091001-OYT1T00944.htm

 政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長=鳩山首相)は1日、ワクチン接種に関する基本方針を正式決定した。 接種は10月19日の週から始める。医療従事者と重症化の危険性が高い人など計5400万人に順次接種していくが、児童・生徒や高齢者など大半の対象者は年明けの接種になり、流行のピークに間に合わない恐れもある。

広がる子どもの健康格差 病院に行けず、保健室で治療も (asahi.com)
http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY200909280430.html

 親の経済格差は教育格差にとどまらず、「健康格差」となって児童生徒に広がっている。治療費がなく学校の保健室で治そうとする子、健康診断で異常が見つかってもなかなか再検査を受けない子……。格差社会の広がりとともに状況は悪くなる一方だといい、現場の養護教諭らは改善を訴えるために全国の事例を集め始めた。

(中略)

 別の2年生の男子生徒は「頭痛がする」と言って、1年前から毎日、市販の鎮痛薬を飲んでいた。「薬ちょうだい」。そう言って、保健室にもよく顔を出す。心配で、母親に「一度検査を受けた方がいい」と手紙を出した。でも、返事はない。校医に治療勧告書を書いてもらい、母親はようやく生徒を病院に行かせた。幸い大事には至らなかったが、放っておけば脳梗塞(こうそく)を起こすおそれがある状態だったという。

(中略)

 学校の定期健診で再検査が必要になっても、生徒からまず出る言葉は「検査代はいくら?」。自己負担になる再検査では、例えば心電図だと5、6千円かかるという。再検査を促し、ようやく受診して問題がなかった生徒の保護者からは「お金が無駄になった」と苦情を言われたこともある。「お子さんのためにはよかったんです」と返すしかなかったという。

 よし、決めた。おれは今回の新型インフルエンザの流行中は、予防接種など受けないことにする。多少ワクチンが出まわりはじめたとしても、国が優先順位を決めなくちゃならないほどに足りないものを、とくに重篤な疾患があるわけでもない成人男性が消費するわけにはいかん。余ってきたというくらいの状況になり、かつ、ウイルスが変異して毒性が相当高くなったとでもいうのなら、そのときには考えようかと思う。どのみち、現状では健康な人間が罹ったとて、めったなことでは死なん。そりゃ亡くなった健康な成人もおるが、それは確率的には低い話だ。

 とくに疾患のない成人男性(医療従事者等を除く)には、今後多少ワクチンが出まわりはじめたとて、あえて予防接種を自粛することをおれは呼びかけたい。罹ればいいじゃん。あなたが一週間やそこら休んだくらいで回らなくような職場は、そもそもヒューマンリソースマネジメントと危機管理がなっとらんのだ。「いや、おれが一週間も十日も休んだらたいへんなことになる」とおっしゃるあなた、その仕事は、どこかの抵抗力の弱い子供の命より大事なものなのか? どこかの妊婦と赤ん坊の命よりも大事なものなのか? どこかの貧しい家庭の学童の命よりも大事なものなのか? そうだとしたら、どんなごたいそうな仕事だ、それは? 国が優先順位を決めるのは当然のことではあるが、国に言われるまでもなく、健康な成人男性の品格として、「おれたちは最後の最後でいい」というスタンスを行動(というか、行動しないこと)で示そうではないか。

 むろん、健康な成人男性だって、インフルエンザで死ぬこともある。そのリスクは、おれたちで背負おうではないか。いままさに沈没しつつある豪華客船にあなたが乗っていたとしたら、女性や子供や老人を押しのけて救命ボートに乗るか、あなたは? 乗らんだろう。弱い者たちがことごとく避難し終えるまで、客船に残るだろう。まあ、そういう事態のマイルドなことが今回起こっているのだと考えれば、健康な成人男性が取るべきスタンスはあきらかだ。さいわい、今回の場合、豪華客船に最後まで残っていたって、死なない確率のほうがずっとずっと高いのだ。

 国がボンクラだったのはたしかだ。時間はあった。しかし、それをいまさら言うても詮ないことである。札束で外国人の面をはたいてワクチンを調達してきても、それは結局、本来優先されるべき“他国の弱い者たち”を犠牲にしていることに変わりはない。

 そりゃあ、中にはね、おれは重要な仕事をしている重要な人物だから、万が一にもこんなことで休むわけにも死ぬわけにもいかんのだという御仁もいらっしゃるかもしれんが、それでもなお、自分より弱い者を救命ボートに先に乗せるのが品格というものである。おれは、映画『タワーリング・インフェルノ』の、救命カゴにわれ先に跳びついて高層ビルから転落していった醜い男たちの姿を忘れない。

 フィクションとちがって、人はヒーローになんてめったなことではなれないものだ。ただ、誰の目にも留まらない、誰も褒めてくれないところで、意地汚い生きかた、意地汚い死にかたをしないだけの矜持を保った行動をすることは、ふつうの人間にでも充分できる。

 さあ、健康な成人男性のみなさん、この指とまれ!



|

« 今月の言葉 | トップページ | ネクタイの悪魔 »

コメント

とーまった(笑)

来年受験のお姉ちゃんには受けさせるつもりですが。

投稿: 修理屋ア | 2009年10月 2日 (金) 08時36分

ハーイ-って成人女性ですけどね

投稿: 村上 | 2009年10月 2日 (金) 08時51分

重篤な持病を持たないので、私も指にとまります。

優先順位の決め方は確かに難しいです。臓器移植等にいつもつきまとう問題です。

投稿: 久枝アリア | 2009年10月 2日 (金) 13時20分

もともと毎年、予防接種をしていない身にすれば、例年と同じ。引いて迷惑する家庭もなし。6000円ちょい、つまらぬものを買ってちょっとでもGDP上げる方に貢献すればいいか。

投稿: MATUKEN | 2009年10月 2日 (金) 15時56分

私も成人女性ですが指にとまります。
受験生には受けさせたいけど年明けなら意味無いので(センターには間に合わない)受けさせないだろうなー
あ、でも子宮頚癌のワクチンは受けときたいなぁ。 無料にならないのかしら? 先進国の仲間入りしてほしいわぁ。

じゃあね

投稿: こり | 2009年10月 2日 (金) 22時23分

その意気やよし。
私もとまります、その指。
でも、みなさん、免疫ないんだから感染しないように気をつけましょうね。
流行の最盛期に罹患して医療機関を忙殺させないことも「健康な成人男性の品格として」大切かと。
ワクチン接種を受けなければいつか確実に感染するわけですが、流行のピークを低く裾野を広くする努力が巡り巡って弱者の安寧に寄与するかと。
手洗い、うがい、混雑した交通機関でのマスク、と、ちっと神経質にみえるくらいおこなって、「誰も褒めてくれない」かもしれませんが、がんばりましょう。

投稿: Cru | 2009年10月 2日 (金) 23時05分

なにぶんにも自覚症状が出ないうちから感染力がありますので、通勤電車で感染が広がると健康な成人男性に限って集団感染の危険なんてのもありますが・・・・

どの道健康な成人男性はワクチン接種の優先順位では最下位なのでワクチンの余剰が出ない限りまわってきませんので放置でおkです。

投稿: 超時空漫才 | 2009年10月 3日 (土) 00時34分

女性ではありますが、勿論とまりますとも!
タワーリング・インフェルノを出さずともとまりますとも!
ガラスのエレベーターで他の乗客を守って落ちていった太ったレディの様に、もし万が一落ちる運命だとしても、幸せだったと言い切りますとも♪
あ~、タワーリング・インフェルノとポセイドン・アドベンチャーが観たくなりました♪

投稿: ちいこ | 2009年10月 3日 (土) 19時08分

ちいこさんに続き私もっ!!
連休中に献血もしてきました。
いつ、何があっても未練ありませんよ。超どМのヒロイズム体質ですので。

投稿: いい子 | 2009年10月 4日 (日) 16時04分

30代の健康な男子ですが,予防接種は「可能な限り」受けるつもりです.我が家には2歳の男児がおり,私が罹患すると,かなり高い確率で子供にも伝染してしまうからです.

礼賛コメントばっかりで気持ち悪かったので,とりあえずアンチテーゼ提出.

投稿: 通りすがり | 2009年10月 5日 (月) 22時09分

私も心情的には指に止まりたいですが,商売上接種の優先順位が高く,
そう簡単に休まれてはかなわん,という同調化圧力も感じてしまい,
しぶしぶ接種することになりそうです。(もう一つ,副反応の出方を
確かめる,という意味合いがあるかもしれません。なんせ国内臨床試験は
スルーですので)
そもそも「新型」ではあるけれど,季節性フルと比べて同程度の重症化率
なのですから,例年と比べて行動変容が起こるということ自体がおかしい。
症状を自覚した時点で出勤しない,自宅から出ない,他人にうつさない,
という大原則が,長年軽視されてきた証左ではないでしょうか?
「おれは,重要な仕事をしている重要な人物なのだ」という妄想から
自由になった不良中年の一人として,
「かぜ程度で,どんどん休もう」と声を大にしたいです。

投稿: bbdqn | 2009年10月19日 (月) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/46367707

この記事へのトラックバック一覧です: 弱い者たちを先に逃がそう:

» ワクチン接種 [事件記者のページ]
新型インフル用ワクチンの接種が始まると今朝の新聞 私「ダブルブラインドをやる絶好 [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 11時23分

« 今月の言葉 | トップページ | ネクタイの悪魔 »