« 題して、「自民党」 | トップページ | ストレス解消 »

2009年7月 8日 (水)

残酷な数字のテーゼ

アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン」 信じられない低視聴率のナゾ (J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2009/07/07044828.html

日本テレビ系で放送されたアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の視聴率が12.7%(関東地区)という予想外の低さになった。高視聴率を予想する向きもあっただけに、「何かの間違いだろう」といった見方も出ていた。その真相は?

(中略)

アニメに詳しいジャーナリストは、アニメファンのここ数年の傾向として録画してから見るという人が増え、「Gガイド・テレビ王国」のランキングでもランキングの上位にアニメが登場する事が増えたと、分析している。また、「ヱヴァンゲリヲン」の場合、小さい子供やお年寄りには馴染みが薄く、ファンは学生や社会人中心。放送時間には外出している場合が多いため、ジブリの「千と千尋の神隠し」のような視聴率にならないのは当然だ、と話している。
ビデオリサーチの視聴率には録画が含まれていない。そのため、リアルタイムにテレビを見る数だけでは正確さに欠ける、などの議論が繰り返されてきた。ビデオリサーチは07年7月2日、現状の視聴率調査に加え「Gガイド・テレビ王国」が行っているようなパソコンによるテレビ視聴を、11年7月を目途に調査に加える方針を明らかにした。また、録画された番組が実際に視聴されたかどうかを認識する技術の開発を進めるという。

 わはははは、旧来の“視聴率”というものがこれほどわかりやすく崩壊すると、なかなかに痛快なものがあるな。おれも録画しながら観たが、リアルタイムで観たわけではない。つまり、CMがうっとうしいので、おれは観ようと思えばリアルタイムで観られるものでも、わざと十分から十五分ほど遅れて“追いかけ再生”で観はじめ、CMを跳ばして観ているうちに徐々にリアルタイムに追いつき、終わるころにはほぼリアルタイムで終わるような観かたをするのが常だ。ハードディスクレコーダのなにが便利と言って、こういう“追いかけ視聴”ができるようになったところが革命的だった。同時に「旧来のテレビCMは死んだ」と思ったね。

 エヴァの視聴率が低かったって? そりゃそうだろう。たとえば、サザエさん一家が茶の間に集まって、みなで『千と千尋の神隠し』をリアルタイムで観ている図は自然に想像できるが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観ているところなど想像もつかん。


  波平 「なんじゃ、『序』にはアスカは出んのか?」
  フネ 「お父さん、いい歳をしてなんですか」
  波平 「そういう母さんだって、冬月萌え~じゃないか」
  マスオ 「ぼくはレイ派ですから」
  タラ 「ぼくはペンペンでちゅ~」
  サザエ 「あら、ミサトの冷蔵庫に入ってるビールの銘柄がテレビ版とはビミョーにちがうわ」
  ワカメ 「ホントだぁ」
  カツオ 「それにしても、こんなすごい技術がある時代なのに、どうしてシンジはカセットテープなんか聴いてるんだろう?」
  マスオ 「そのあたりの狙いは、大人になればわかるよ、カツオ君」
  フネ 「ほらほら、シトが来ましたよ」
  波平 「ヤシマ作戦はいつ観ても興奮するのう」
  マスオ 「そうだ、明日、みんなで『破』を観に行きませんか、お父さん?」
  波平 「そりゃあいい」
  カツオ 「わーい、明日はみんなでヱヴァンゲリヲンだ!」
  タラ 「ヱヴァンゲリヲンでちゅ~」
  サザエ 「あたしみたいなおばさんが映画館でどんな顔したらいいのかわからないわ」
  カツオ 「笑えばいいと思うよ」
  一同 「あはははははははははははははははははははは」


 き、気色悪ぅ~。あり得ねー。もし、あり得たとしても、おれはこういう家庭では育ちたくねー。《エヴァンゲリオン》とか『ブレードランナー』とかいうものは、夜中に独りで自分専用のテレビかパソコンかポータブルDVDプレイヤーで観るもんだ。そういえば、『ブレードランナー』だって、劇場公開時にはぱっとしなかったのに、ビデオが出てから急速に人気が出たんだよね。独りで“浸る”のに向いた作品ってのは、あきらかにあるのだ。一家団欒の茶の間で、家族がみな同じ番組をリアルタイムで観るなどという昭和的な風景をいつまでも想定モデルにしていたのでは、意味のある視聴率調査はできない。

 ま、近い将来、面白い技術を駆使した視聴率調査方法が出てくるんだろうね。顔認識技術を用いたデジタルサイネージの視認効果測定方法みたいなものが、視聴率調査世帯のテレビに実装されるようになるかもしれん。

 テレビに内蔵された抽斗のようなものがぱかっと開いて、中からクッキーが出てくる。視聴者がそのクッキーを食うと、練り込まれたマイクロマシンが長期的に体内に定着してRFIDタグとして働き、AV機器が個々人を識別して……。そ、それはちょっとディック的すぎるか。



|

« 題して、「自民党」 | トップページ | ストレス解消 »

コメント

「コンテンツにCMをまぶした無料放送」というビジネスモデルが崩壊しつつあるということでしょう。
各社の利益を比較すると、「法律をたてにした受信料強制徴収」というビジネスモデルはまだまだ有効のようですが。

投稿: 小林泰三 | 2009年7月 8日 (水) 20時55分

エバンゲリオン(当時)というと、友人がテレビ東京のネットしていない地域にはビデオテープをコピーして流通させていたのを思い出します。あと2年足らずで地デジ化完了により、こんなこともおおっぴらには出来なくなるんでしょうね。

CMの刷り込みの効果などを調べたりする神経経済学なる分野もすでにあるようですので、そのうちディック的デバイスがブラウザや携帯電話に内蔵される日が来るかもしれません。Ubik computing.

失礼しました。

投稿: dr.sillywalk | 2009年7月 8日 (水) 23時28分

『ヱヴァンゲリヲン』てパチンコ店向けのプロモーション映像だと思ってます。
当たりにならない演出画面なんて、アツくなれませんね。

関東では「エヴァンゲリオン」は「エヴァ」と略しますが、関西では「エヴァン」が多数派だというのはホントウでしょうか。

投稿: アダチ@初音ミク中毒 | 2009年7月 9日 (木) 01時44分

>小林泰三さん
>「法律をたてにした受信料強制徴収」というビジネスモデルはまだまだ有効のようですが

 あれって“ビジネスモデル”なんですか(^_^;)? 「本多勝一から取ってからウチに取りにこい」と撃退するのは、いまも有効なビジネスモデル(?)ですよ。


>dr.sillywalkさん

 ああいうディック的広告の悪夢をうまく描いた点では、私は『マイノリティ・リポート』を高く評価しています。


>アダチ@初音ミク中毒さん
>関東では「エヴァンゲリオン」は「エヴァ」と略しますが、関西では「エヴァン」が多数派だというのはホントウでしょうか。

 ええー? 「エヴァン」なんて言ってる人、こっちでもついぞ見かけませんが……。こっちでも「エヴァ」ですよ。

 それより、三石琴乃がなぜしばしば「エヴァー」と延ばすのかが、いまだに謎です。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年7月 9日 (木) 01時55分

当方大阪ですが、「エヴァン」言う人一人知ってます。
一人しか知らないですが。多数派の印象はないですね。

投稿: TORI | 2009年7月 9日 (木) 12時40分

スタッフだと、きお誠児さんが設定デザイン集で「エバン」と書いてましたが、他では見たことが無いですね。

投稿: 御影渦音 | 2009年7月10日 (金) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/45570380

この記事へのトラックバック一覧です: 残酷な数字のテーゼ:

» 誰がために視聴率はある #eva [課長ほど素敵なショーバイはない!?]
広告主のROIに貢献できるメディアを評価するためにあるんです。 ということを、『ヱヴァンゲリオンの残念なとこ』に補足しておくか。 テレビ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」視聴率が12.7%の謎とテレビ視聴率システムの終焉 - KandaNewsNetwork テレビ局や広告代理店は、..... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 19時11分

« 題して、「自民党」 | トップページ | ストレス解消 »