« 謙虚になれ、爺いども! | トップページ | 今月の言葉 »

2009年6月30日 (火)

“現役女子高生”の怪

 “現役女子高生”というのは、よく考えてみると、じつに不思議な言葉である。わざわざ“現役”であると説明しているわけだから、世の中には“現役でない女子高生”も現役女子高生と混同しかねないほど多く存在していることを前提としているわけだ。

 しかし、“現役でない女子高生”とはいったいどういう存在であるのかと可能性を検討してみると、高校に行っていないが女子高生のふりをしている“ニセ女子高生”であるか、かつては現役女子高生であったがいまはちがう“元女子高生”であるかのいずれかだろう。しかし、高校全入に近い状態のいまの日本では、ニセ女子高生などというものは現役女子高生に比べれば圧倒的な少数派であろうから、なにもわざわざマジョリティーのほうに“現役”などと冠をつけなくとも、女子高生といえば、十中八九現役なのである。

 一方、“元女子高生”の場合、そんなものはそこいらへんにいっぱいおるうえに、現役女子高生との混同を惹起するような、不正競争防止法に抵触しかねない外見を元女子高生がキープしていることはきわめて少ない。そもそも、“元”なんとかってのは、“元レースクィーン”とか“元バスガイド”とか、ある程度の希少価値がある経歴に言及する際に用いるのであって、そこいらのおばはんが「あたし、元女子高生なのよ」などとほざいてまわったら、それがいかに論理的に真である叙述であっても、鼻で笑われるか石を投げられるだけである。

 ではいったい、この“現役女子高生”という不可思議な言葉が、なぜかくも人口に膾炙しているのであろうか?

 容易に想像できるのは、やはりこの言葉は、性風俗産業用語が一般に広まったものなのではないかということである。そのむかし、どう見ても“元女子高生”にしか見えない女性が女子高生を演じるのが常態であった時代があり、消費者のほうもそれはちゃんとわかっていて幻想を投影していたのだが、いつのころからか、ほんものの女子高生が業界に参入してきて、そうした黎明期には、“現役”であることが差別化の重要な要素であったわけなのだろう。「女子高生て書いたあるけど、そんなもんウソに決まってるやん」という前提をみなが暗黙裡に持っていた時代に、“現役女子高生”というコピーには、さぞやインパクトがあったことだろう。

 おれくらいの年齢だと、そういう歴史的経緯が容易に推察できるのだが(ま、最後の“ビニ本”世代ですからね)、よく考えてみると、いまの若者たちには、“現役女子高生”という言葉が、おれたちが思う以上に奇異に響いている可能性はあるんじゃなかろうか。彼らにとっては、べつにほんものの女子高生がメディアで裸身を晒していたとて、「それがなにか?」といった感じであるにちがいない。“ジュニアアイドル”という名の小中学生が、小便臭い大胆な水着姿を晒しておっても、べつに珍しくもなんともないからな、いまは。

 “現役女子高生”という文字列に、ある種のノスタルジーと多少のインパクトを覚えているのは、おれたちよりちょっと年配の世代から上だけなのかもしれない。団塊の人たちなのかもな、若かりしころ、「げ、げんえきじょしこーせー!?」などと衝撃を受けていたのは。



|

« 謙虚になれ、爺いども! | トップページ | 今月の言葉 »

コメント

ずーっと昔、若妻(幼な妻)が流行り、OL時代が到来し、女子大生ブームとなって、当然のように女子高生にブームが移行し、次は中学生と囁かれ、このままでは国民総ペドフィリア街道まっしぐら!?(lll゚Д゚)と危惧していましたが、まだ「現役女子高生」でイケてるようです。
実際チャイルド・マレスターが増えている昨今、「女子高生」は子供なのか?と思う事がままあります。体は成熟してても心はまだ子供だと言う人も多いけど、彼女たちはあえて「現役」を名乗るとおじ様達のうけが良い事を知っているし、この賢さは十分「成熟」していると思うのです。
それにひきかえ、旅館やホテルのTVに100円投入し、画面から現れ出たるソレが「中年女子高生」であったりしても「だと思ったよ」などとつぶやきつつ、こっそりと落胆していたおじ様方!「現役高校生」より無垢な感じがしますぞ。(≧m≦)

投稿: いい子 | 2009年6月30日 (火) 21時16分

なぜ「現役女子高生」なる言葉が存在するかというと、「予備役女子高生」という制度が存在するからです。
女子高生は満期卒業後、予備役登録をすると、年に5日間の訓練を受ける義務はありますが、その代わり女子高生としての資格を保持し続けることができます。

投稿: いかなご太郎 | 2009年6月30日 (火) 22時49分

未収益女子高生とか体液女子高生とか… あ、違う、未就役と退役だ。

投稿: すがぬま | 2009年6月30日 (火) 23時54分

>女子高生は満期卒業後、予備役登録をすると、年に5日間の訓練を受ける義務はありますが、
年に5日間はセーラー服を着る義務があるのですね。

投稿: ROCKY 江藤 | 2009年7月 1日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/45495036

この記事へのトラックバック一覧です: “現役女子高生”の怪:

« 謙虚になれ、爺いども! | トップページ | 今月の言葉 »