« ♪寂~しさに負けた~、いいえっ、タヌキに負けた~ | トップページ | “現役女子高生”の怪 »

2009年6月29日 (月)

謙虚になれ、爺いども!

小中学生のケータイ所持禁止 石川県条例案に異論 (J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2009/06/26043914.html

子どもには携帯電話を持たせないように保護者への努力義務を課す――。石川県議会に提出された条例案に異論が出ている。取り上げても、抜け道がいくらでもある、という指摘や、下校後の塾通いや防犯対策を考えると必要だ、という意見だ。実際、明確なルールを決めた上で携帯電話の持ち込みを認めている学校もある。

(中略)

一方、デジタル・メディアが教育上与える好ましくない影響についての調査を行っている、NPO法人青少年メディア研究会の理事長・下田博次さんは、今回の石川県の条例案について「条例で(携帯電話所持禁止に)踏み込むという姿勢を示したことがよかった。実効性は別だが、地方自治体が(小中学生の携帯電話利用への)危機感を持っている証明だと思う」と指摘する。

「携帯電話を持っているからネットいじめ、出会い系サイトの問題が成立しているのが現状です。これらは当然、携帯電話を持っていなければ、成立しない問題。こうした事件が携帯電話の普及とあいまって増していることを考えれば、私は、携帯電話がどんなに優れた機器であろうとも、大人が管理、指導できないものを子どもには渡さない方がいいのではと考えます」

 いろいろと議論をする中で、大人が世の中に追いついてゆこうと試行錯誤や努力をするのはじつによいことだ。思考停止をせずに、もっとああでもないこうでもないと、おれたちは考えてゆかねばならない。

 しかし、このNPO法人青少年メディア研究会の理事長とやらの見解にはずっこけた。「私は、携帯電話がどんなに優れた機器であろうとも、大人が管理、指導できないものを子どもには渡さない方がいいのではと考えます」だって? なにを言っているのかわかっているのか? 要するに、これは大人が「おれたちのわからんものを若いやつに持たせてはいかん」と言っているわけである。アホか。典型的なロートルの発想である。いつの世も、上の世代が理解できない新しいものがほんとうに世の中を変えてきたのだ。あんたも若いころは、「大人はわかってくれない」と思っていたことはないのか? それを忘れたのか? 手塚治虫だってビートルズだって筒井康隆だって、最初から大人たちは褒め称えていたのか?

 この理事長さんは、野口悠紀雄の言をとくと聴くがよい──

野口 それは、GPTの種類によるのですね。「電力の場合にはイギリスに不利な技術変化だったけれど、ITは逆で、日本に不利な技術変化だ」というのが、この本の主張です。
 例えば、ITは1980年代以降のものですから、その頃すでに企業の中堅になっていた世代の人たちが、いま企業において決定権を持っているわけですね。その人たちは、新しい技術に適応力を持っておらず、ITが得意なのは若い人です。だから、もし会社の中でITを活用するようなことになったら、下克上が起こる。
 そういう人たちがITの導入に積極的な考えを持つとは考えられません。これは、日本型企業のひとつの特徴である年功序列制が、新しい技術の導入に抑制的に働くことを意味します。

 そう、つまり、この理事長のものの考えかたは、“自分たちにわからないものを若いやつが自在に駆使するのは危険だし、面白くない”といった、結果的に組織や企業や国家の総体としての競争力を下げる方向に働く考えかたなのである。つまり、凡百のロートル経営者と同じ“すでに自分は終わっているくせに既得権にだけはしがみつこうとする”卑しい発想にすぎない。これこそ、日本がITをハコモノとしてしか捉えず、国を、社会を豊かにするためにITの真の力を引き出せない大きな理由のひとつだ。小学生や中学生には、ITの理論や仕組みはまだよくわかっていないかもしれない(が、興味さえ持てば、MITの講義だって無料で視聴できる仕組みはすでに開放されている。いま小学生の子らだって、やる気と興味さえあれば、数年後には、それらを直接利用し理解できるようになれる)。しかし彼らは、その“活かしかた”においては、下手な企業をはるかに凌ぐ。野村総研“産消逆転”などと言われて、国や企業は恥ずかしくないのか? ガートナー「大きな変革が足元で起きていることを認識してほしい」などと言われて、国や企業は危機感を覚えないのか?

 もたもたしている大企業のロートルをよそに、優れた中小企業の経営者たちは、あたかも小・中・高校生たちのようにITを利活用しはじめている。投資額では大企業に遠く及ばなくとも、その利活用の知恵は大企業をはるかに凌ぐケースも少なくない。「ややこしいことは専門家に任せておけばよいが、こんなに使えるものを本業の経営に使わんでどうする? おれは技術者になるつもりはないが、経営者としてこの強力な武器を活かすために学ばねばならんことがあるなら、いくらでも学んでやる!」という、経営者としてじつに正しい気概が彼らにはある。それはあたかも、難病に立ち向かう決意をした個人が、「おれは医者じゃないし、なるつもりもないが、この病気を克服するためなら、おれの病気や治療法を当事者として患者なりに理解する努力をせねばならん」と、医学的な知識を身につけようとしているかのようである。

 おれはなにも爺さんたちに十六進数で寝言を言えとか、TCP/IP のヘッダの構成くらい暗記しておけとか、Perl や PHP や Python や Ruby でばりばりコードを書けとか言っているわけではない。新しく出てきたものが“使える”ものであれば、それを自分の本業(たとえば、経営)に“活かす”ためのリテラシーくらいは、いくつになっても謙虚に身に着けようとせよ、とくに自分より年下の者に学べと言いたいだけである。

 その自分たちの怠慢を棚に上げて、「おれたちにわからんものを若いやつが使いこなすのはけしからん」などというくだらない考えを、さも教育的に重要なことであるかのように吹聴するロートルどもの気が知れん。おれはこのような年寄りにだけは、絶対になりたくない。

 なんのことはない、ケータイがどうしたこうしたという問題は、子供の問題ではないのだ。大人の側の怠慢の問題である。

 将来もし、魔法がおのれの本業や社会全体に大きな影響を及ぼす重要な技術として台頭してきたならば、おれは魔法を子供のころから使いこなしている若いやつ(“マジカル・ネイティブ”?)に教えを乞うだろう。『はじめての魔法』とか『図解でわかる魔法』とかいった本を買ってきて読むだろう。〈日経魔法ストラテジー〉を定期購読するだろう。「魔法 is beautiful」「404 魔法 NOT FOUND」といったブログのRSSを受けるだろう。自分が魔法に習熟できなくとも、その利活用のしかたについては、年の甲に頼って、あんまりない知恵を精一杯出そうとするだろう。

 まちがっても、「おれのわからん魔法を若いやつが使いこなすのはけしからん」などとほざく爺いにだけはなりたくない。



|

« ♪寂~しさに負けた~、いいえっ、タヌキに負けた~ | トップページ | “現役女子高生”の怪 »

コメント

冬樹さんはそう受け止めましたか~。なるほどそれも一理有り。
私は昨今の小中学生のケータイ利用については、この理事長の言にも一理有りと感じます。
「学ぶ謙虚さ」は幾つになっても絶対必要だと思うんですけど、ケータイの利用の有り方に親の無関心や、それこそ「学ぶ謙虚さ」の無さを感じる事が多いの何の。
自分の物より高機能なケータイを、何のフィルタリング機能も駆使せず(この辺りに不勉強さを感じる)、家族間における利用上のルールなども徹底せず(この辺りに無関心を感じる)、全くのノーガードな状態で平気で子供に持たせる親の多い事。
高額な支払いが発生した時に慌てふためき、子供に怒鳴りつける親が余りにも多い。いや、多すぎる。正直、金で済んだから良かった物の、変なサイトで事件に巻き込まれただの誹謗中傷に傷付いただの、いやいやもっと基本機能の音楽を聴きながら自転車走行なんて事やらなんやらで、命を落としたらどうするつもりだ!ってちょっぴり憤りを感じたりしてo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
鉄壁の守りをしたとしても、子供って生き物は幾らでも「面白い事」に関する「抜け道」ってヤツを見つけて、わざわざ危険な物に魅了される時期がある生物だって事を先ず認識した上での管理指導は必要だと思いますね。
便利なコミニュケーションツールを使いこなす為の頭の柔軟さも大事ですが、それ以前に、親子のコミニュケーションがそれ以上に大事なのではないでしょうか。
まあ、どんなに親が熱心に関心を寄せていても、それを「ウザイ」と感じる時期が必ず訪れ、巣立って行くのが子供って生き物なんですけども。ちょっぴりセツナス(´・ω・`)ショボーン

投稿: ちいこ | 2009年6月29日 (月) 10時51分

 うちの母は、ちょっとわからないことがあると、「ちょっと調べてみてくれない?」といって、こちらがインターネットで検索したりします。こちらのほうがよっぽどITスキルがあるのでは。
 若い者は抑えるより、使え、ということですね。 
 条例は可決したようですが、親が持たせたがるようでは、有名無実になるでしょうね。

投稿: いぎたなし | 2009年6月29日 (月) 22時04分

石川県というと、「インパク」によってIT立国を目指した元首相の地元なんですが。
携帯電話を使って政治資金を集められるようにしたら、この世代のITスキルが上がるかもしれませんね。それよりも、その原動力たるITゼネコンがITの使い方をわかっていないのではないかと。

投稿: dr.sillywalk | 2009年6月30日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/45484974

この記事へのトラックバック一覧です: 謙虚になれ、爺いども!:

» 肥後守とケータイ [[間歇日記]世界Aの始末書]
 最近、充分な議論もなされぬまま、とにかく「子供にケータイを持たせるな」という、 [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 18時21分

« ♪寂~しさに負けた~、いいえっ、タヌキに負けた~ | トップページ | “現役女子高生”の怪 »