« “ついこのあいだ”のできごと | トップページ | 小さな英雄(1) »

2009年3月 8日 (日)

『RICOH R10 ブラック』(RICOH)

 いままでずっとケータイのカメラですませてきたわけだが、ようやくまともなデジカメを買った。怖ろしく出不精で、妻もいなけりゃ子供もいないといったおれみたいな人間には、カメラというものにこれといったニーズがなかったわけである。撮りたいという気持ちもないのに、写真機などという機械に四万も五万も出す気にどうしてもなれなかったのだ。それだけ出すなら、もっとほかのものが欲しい。

 が、だ。この機械にはちょっと惹かれていたのだなあ。発売されて半年ほどのあいだに、気味が悪いほど価格が下がってきて、発売時の実勢価格が約五万円であったはずが、昨年暮れには二万円ちょっとにまで下がっていたらしい。アマゾンの人気機種一位になっていたのを先月発見して、これはなかなかセクシーなマシンだ、底値はどのくらいまでゆくのかなあともたもたしていたら、後継機種が発表されてから徐々にじわじわ上がりはじめた。こりゃいかん、流通在庫が枯渇しはじめたなと、ここらで腹をくくって買った次第である。底値を見誤ったなあ。もう十日ほど早く注文しときゃ、五千円くらい得したのに。ま、二万円代で買えたのだからいいか。ブラウンやシルバーはブラックに比べてどの店でも少し安いのだが、やっぱり黒好きのおれとしては少々割高でもブラックが欲しいしね。底値を打って値上がりをはじめたとはいえ、まだまだ対価格性能はやたら高い。とくに写真に凝っている人でもないかぎり、一般人の普段使いには必要にして十分(というか、オーバースペック気味かも)のいい機械だと思う。

 おれがカメラを使うのは主にブログ用なわけで、RICOH R10 の「1cmマクロ」の実力には端倪すべからざるものがあると、あちこちのブログを見てかなり食指が動いていた。デザインもいささか武骨でシンプルな感じがとてもいい。G-SHOCKとかが好きな人はいかにも好きそうな、所有欲をそそるオーラがある。テレビでうるさいほどにCMをやっていたりしない。女子高生が持っていたりしそうにない(そういう女子高生がいたら、ちょっとお茶でもご一緒したい)。判官贔屓の血が騒ぐ。で、とうとう買っちゃったわけなのだなあ。

 買っちゃったからには、ばりばり使ってやろうと思っている。出不精で子供もいないからカメラは要らないというのは、逆に考えれば、カメラでも買えば少しはあちこち出歩こうという気になるやもしれんではないか。ま、それは希望的観測であって、おそらく、あいかわらず家に閉じこもっては、食玩とかそんなもんばっかり撮りそうな気もするんだが……。

 で、さっそく「1cmマクロ」を試すために、手近なものを撮ってみた。まだ機械の特性を掴んでいないので腕は悪いが、これは使えそうだなあ。

Tomato01 晩飯に食ったプチトマト。ふつうのトマトではない。

Tomato02 ちょっと手ブレしてしまったが、ここまで寄れる。ヘタの毛までわかるね。こりゃ、昆虫とか植物とかを撮るのによさそうだ。

Namacha_panda_sensei01 ペットボトルのお茶のおまけ「生茶パンダ先生」。フィギュア部分の実寸は三センチ弱といったところだろう。

Namacha_panda_sensei02 おれの手と比べると、こんな感じ。

Namacha_panda_sensei03 オートフォーカスが機能するギリギリの「1cmマクロ」撮影。おれの指紋まではっきりくっきり。

 うん、このカメラは楽しいな。ここで踏ん切りをつけて買ってよかった。この機械を逃すと、“欲しい”と思える機械にめぐり会えるまで、またしばらくかかったろうからな。買ったからには使ってやろう。なんか、ろくな使いかたしないような予感もするんだが……。いやしかし、渋いよなあ、こいつ。地味な中にこだわりがある。セクシーだなあ。



|

« “ついこのあいだ”のできごと | トップページ | 小さな英雄(1) »

コメント

デジカメも一眼レフもビデオカメラもケータイも持っている私。
しかしイマイチ使い道が分らない。
子供の行事事ったって年に何度かしか無い訳だから、データが一杯になるほど使わない内に一年過ぎる。
思うとこあって、ケータイのデータはオールデリートしてみたが、取り立てて困る事が無かった。
今時のケータイもデジカメもめっさ多機能。だけど使わない機能の多い事。
「自分はアナログ世代なんだな~」としみじみ。
冬さんはデジカメ、ばっちり使いこなして、素敵な写真をアップして下さいませ♪

投稿: ちいこ | 2009年3月 8日 (日) 02時26分

>ちいこさん
>アナログ世代

 世代というよりは、個人差だと思いますね、こういうのは。お年寄りでも、デジタル機器が好きな人は好きですから。むかし、定年退職後に顧問として企業で働いてらしたエンジニアの方に、「最近、C言語の勉強をはじめまして……」などと言われたときには、こういう爺さんになりたいものだなと思ったものであります(^_^;)。


>R10

 あっ、なんてことだ。まだ底値を打ってなかったのか! また下がってきてるじゃーん。がーん。ま、まさか二万切るんじゃないだろうな。もしも一万円代まで下がったら、定額給付金の懐が緩む人が続出するにちがいない。リコーの人には悪いが、いっそ一万二千円まで下げてしまえ、アマゾン! いくらなんでもそれでは原価割れするかな。そ、それにしても二万とは……すげーコストパフォーマンスやな。

 一年も二年も前に出た機種ならともかく、去年の秋に出た機種なのに。消費者としてはありがたいけれども、デジカメの値崩れには怖ろしいばかりのものがあるなあ。体力のないメーカーが倒れてしまわない程度に留まってほしいもんだ。でも、やっぱり安いほうがいいな(^_^;)。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月 8日 (日) 12時37分

 うわわわわわ、一時的に20,490円に下がってると思ったら、見てる間にアマゾンの在庫がなくなり、マーケットプレイス出品業者価格の29,356円に跳ね上がった。なんだか、デイトレーダーの気分だな。数時間で九千円の乱高下。ひ~。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月 8日 (日) 12時58分

あ、そうかも。「アナログ世代」なんて括りは失言です。すみません。
私のおつむがアナログなもんで・・・が正しいですね。

冬樹さんが最初にデジカメに撮った写真が「プチトマト」と「生茶パンダ先生」
ナイスチョイス♪

投稿: ちいこ | 2009年3月 8日 (日) 13時41分

 ちょうど、新しいデジカメが欲しいと思っていたところなので、20,490円のときに、ほぼ不見転で買ってしまいました(*^-^)
 「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のところに、フィギュアが並んでいたのも買ったきっかけに。
 また、ドールでも撮ろうかな。

投稿: いぎたなし | 2009年3月 9日 (月) 22時21分

>いぎたなしさん
>「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のところに、フィギュアが並んでいたのも買ったきっかけに。

 な、なるほど、そういう見かたもあるかあ(^_^;)。“特定の用途”に使っているユーザの実績は、なにより説得力のあるレビューですしね。

 しかし、いいタイミングでしたね、20,490円。日曜の朝が狙い目なのかなあ。アマゾン自身が仕入れるタイミングなのかも。それにしても、7万近くで売っているマーケットプレイス出品業者がありますが、発売時でもそんなにはしなかったはずで、はたしてどういう値付けなんでしょうね、これは? 初版(??)。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月 9日 (月) 22時40分

なんか、冬樹さんのコメント読んでいたら、株式やっている人の気持ちが分かった気が(笑)。
株には手を出すの、やめます(^_^;)

投稿: たぬき | 2009年3月10日 (火) 00時32分

>たぬきさん

 いまのぐちゃぐちゃな経済状況では、とても素人に手を出せるようなものではなくなってるんじゃないかと思います。プロでもあれだけ言うことがちがうんですから、誰にも見通せなくなってるんでしょう。


 そ、それにしても、RICOH R10 ブラック、日曜朝に一瞬アマゾンで20,490円になったのに、もはや36,800円。いよいよ流通在庫の取り合いになっているもよう(^_^;)。ね、値段っていったいなんなんだ?

 まだ残っているところなら二万円強の店もあるみたいだけど、ブラックは枯渇してブラウンが残っているらしい。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月12日 (木) 00時23分

 ひ、ひえ~。いま見たら、Yahoo!ショッピング( http://shopping.yahoo.co.jp/product/compare?pid=cd0189c0d1e748a624b516455fe41e20 )でいちばん安い店は22,980円、いちばん高い店は99,600円! あのなー、99,600円ってなんだよ!? 発売時に約五万だった商品だぞ。

 ブラックの流通在庫が減ってきたようなので、良心的に売り切ってしまおうとする店と、プレミア価格にして値を吊り上げようという店に二極分解しているんだろうなあ(^_^;)。いやあ、げに怖ろしきはデジカメの価格変動。底値は逃したが、おれはいいタイミングで買ったほうなんだろうな。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月12日 (木) 20時07分

 どひ~。アマゾンでは、46,633円に跳ね上がった。もうそろそろブラックの流通在庫が残り少ないのだろう。すげーなー。自分が適当な値段のところで買ってしまうと、さあ、いまからいくらまで値上がりするかというのが気になってしまう。けけけけけ。なんとなく、サンリオSF文庫みたいだ。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月19日 (木) 23時52分

 アマゾンにて定点観測。現在、47,560円。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月20日 (金) 22時35分

 アマゾンにて定点観測。現在、46,633円。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年3月24日 (火) 00時48分

 アマゾンにて定点観測。現在、25,412円。それにしても、もう値段などあってなきがごとしだなあ。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年4月16日 (木) 01時05分

 アマゾンにて定点観測。現在、37,980円。シルバーは47,093円。これがほんとうに一時は二万円だったとは……。

投稿: 冬樹蛉 | 2009年4月30日 (木) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/44274277

この記事へのトラックバック一覧です: 『RICOH R10 ブラック』(RICOH):

« “ついこのあいだ”のできごと | トップページ | 小さな英雄(1) »