« われながらいかがなものかと思う条件反射 | トップページ | 『ハッピーマンデー』(鳥居みゆき/Victor Entertainment,Inc.) »

2008年12月14日 (日)

『かんなぎ (1)~(6)』(武梨えり/REX COMICS)

     

 テレビアニメが回を重ねるごとにおれのツボにハマってくるものだから、原作でもあんな好き放題の悪ふざけをやっておるのか確認したくなり、既刊六巻を一気読みしてみた。まだ完結してない(のだが、なにやら作者体調不良のため長期休載に入ったとのこと)。

 うう~む。アニメのほうが遊びが多いが、基本的には、非常に原作に忠実であることがわかった。面白いじゃん。妾はこういうのは好きじゃ。妾は雑誌でほとんどマンガを読まぬ単行本一気買いタイプのマンガ読者なものじゃから、このような奇ッ怪なコメディーがアニメ化されるほどまでに人気を博しておったとは、神ならぬ身の知る由もなかったのじゃ。土曜のど夜中にだしぬけに威勢のいいアイドル歌謡がはじまったので、ななななにごとかとテレビを“二度見”したところ、「シリーズ構成:倉田英之」というクレジットが出たもんだから、あ、これはひょっとして妾が観なければならぬ作品かもしれぬと毎回観ているうちにハマってしまった。

 それにしても、この武梨えりという人、おれは全然知らなんだのだが、不思議な雰囲気を醸し出すマンガ家ですなあ。線が清潔で目に心地よいのもいいが、なんとも言えぬ“昭和の薫り”がぷんぷんしてくるのはどういうわけだ? この人、二十代なんだよね? なんでじゃーーー!? いやまあ、もちろん、ディテールには平成のサブカルが横溢しているのだけれども、基本、これって『ど根性ガエル』みたいなもんだよね? カエルがシャツに貼りついてしゃべりだすのと、木彫りの像に神様が降りてきて動き出すのと、べつにそう変わらん。ちょっと諸星大二郎テイスト入ってるのもいい。《栞と紙魚子》(あるいは《妖怪ハンター》)風の『ど根性ガエル』だと考えれば、なるほど納得はゆく。

 まあ、主人公のナギに性経験があったと解釈できる描写に、妙な方向に過剰な感情移入をしている一部のファンが怒り狂っているらしく、それが休載と相俟ってさまざまな憶測を呼んでいると報道されているのだが、妾にはそういう妙なファン心理はとんと理解できぬ。そもそも土着の神様なんてものは、洋の東西を問わず、ふつうバッコンバッコンやりまくっておるものじゃ。ちょっとキリスト教に毒されすぎておるのではないか? 女性として顕現した神様が処女だなどと思うておるほうがどうかしておる。むしろ、バッコンバッコンやりまくっておるからこその神様じゃ。

 なんでも、出版社の発表によれば、武梨えりは緊急に手術が必要であったほどの病状とのことで、そりゃたいへんだ。テレビアニメ化でにわかに脚光を浴びて、過度なプレッシャーがかかったのかもしれんなあ。命あっての物種だ。ふつーにマンガ作品として楽しんでいる読者は続きを楽しみにしているわけだから、ここはひとつ、じっくりゆっくり養生してから、ぼちぼち頑張ってもらいたい。ま、七巻が出るころには、アマゾンからお知らせメールが来るにちがいないのだ。それがいつになろうともね。「続きはいつ出るんだろう?」とまったりと年単位で待つのには、とくにSFファンという人種は慣れているのである。「あ、知らないうちに続きが出てた」なんてのを半年も一年も経ってから発見することも少なくないしね。

 まあ、武梨えり氏に於かれては、本が読めるほどに回復したら、若い人はたぶん知らないだろうと思うので、小松左京「歌う女」という短篇を探し出して読むことをお薦めしたい。どんな分野であれ、すべてのクリエーターにとってのほんとうのファンというのは、「あの人が歌うまでいつまでも待ちます」と言ってくれるファンなのだ。そういうファンをこそ、クリエーターは絶対に大事にしなくてはいけないと思う。たとえ、そうした結果、世俗的成功がついてこなくてもだ。そんなものがついてこなくても、クリエーターとしてのほんとうの足跡が残せるのは、そういうファンの心の中にだけである。

 武梨えりさん、お大事に。



|

« われながらいかがなものかと思う条件反射 | トップページ | 『ハッピーマンデー』(鳥居みゆき/Victor Entertainment,Inc.) »

コメント

ギリシア神話だと、アテナは処女だったような。他はちょっと思い付かないですね。
相手が特に語られていない場合は多いと思いますが、明確に処女だというのはアテナだけではないでしょうか。
聖母マリアも出産後は処女ではなくなったと思います。

投稿: 小林泰三 | 2008年12月14日 (日) 16時44分

あっ。アルテミスも処女だったかも。

投稿: 小林泰三 | 2008年12月14日 (日) 16時47分

あのー、アマテラスは処女では・・・もし違うとしたら亭主は誰なんでしょう?

投稿: 村上 | 2008年12月14日 (日) 18時58分

 アメノウズメが処女だったら……
 処女のストリッパーなんて、絶対にギガ萌ゆる。

投稿: 東部戦線 | 2008年12月17日 (水) 22時18分

 祝!再開じゃ。

http://natalie.mu/comic/news/53767

 じゃ、またそのうち(7)が出るのじゃな。めでたいめでたい。

投稿: 冬樹蛉 | 2011年7月27日 (水) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/43363910

この記事へのトラックバック一覧です: 『かんなぎ (1)~(6)』(武梨えり/REX COMICS):

« われながらいかがなものかと思う条件反射 | トップページ | 『ハッピーマンデー』(鳥居みゆき/Victor Entertainment,Inc.) »