« いちいち社会に認めてもらおうと思うな | トップページ | ギリギリHEROだった日 »

2008年11月11日 (火)

流行語大賞候補に“金髪豚野郎”のライバル登場

「村山談話をフシュウ?」、首相誤読 議事録は「踏襲」 (asahi.com)
http://www.asahi.com/politics/update/1110/TKY200811100225.html

 麻生首相が国会で、戦争責任に関する過去の政府談話を「ふしゅう」する、という答弁を重ねている。参院事務局は「受け継ぐ」という意味の「踏襲(とうしゅう)」のことだと判断して議事録に載せているが、誤読続きに「秘書官が首相に指摘するべきだ」との声も出ている。
 首相は7日の参院本会議で田母神(たもがみ)俊雄・前空幕長の懸賞論文問題に絡んで歴史認識を問われ、アジア諸国へのおわびと反省を表明した95年の村山首相談話を「ふしゅう」すると答弁。10月15日の参院予算委員会でも、慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた93年の河野官房長官談話を「ふしゅう」する、と答えた。
 参院事務局によると、首相は外相だった昨年も、河野談話を「ふしゅう」と答弁。外務省に問い合わせて「踏襲」の意味だと確認したことがあるため、10月15日の答弁は議事録に「踏襲」と載せた。7日の答弁も内閣総務官室に確認すると「踏襲」だと即答があり、10日配布の議事録速報版で「踏襲」と直した。(藤田直央)

 それはたぶんアレじゃないの、アキバ票を獲得したいがために、“ガイシュツ”みたいな感じで、意図的に“2ちゃんねる用語”を使ったつもりだったんじゃないの?

 もし、ガチでまちがっているんなら、たぶんマンガばっかり読んでるからかもしれん。いや、もちろん、現代の教養人たる者、マンガちゃんと読まなくちゃいかんが、ばっかりはいかんと思うのよな、おれは。



|

« いちいち社会に認めてもらおうと思うな | トップページ | ギリギリHEROだった日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/43077378

この記事へのトラックバック一覧です: 流行語大賞候補に“金髪豚野郎”のライバル登場:

« いちいち社会に認めてもらおうと思うな | トップページ | ギリギリHEROだった日 »