« 未来のレコーディングダイエット | トップページ | 短歌は画だねえ »

2008年6月17日 (火)

お帰りなさいませ

 たとえば、秋葉原だけにたまたま観光で来たガイジンは、「お帰りなさいませ」という日本語をまちがって覚えている可能性はないだろうか? 日本ではどんな飲食店に入っても「お帰りなさいませ」と言われるものだと思っていたら、それは大まちがいだぞ。ふつーは「いらっしゃいませ」と言われる。

 じゃあ、日本の家庭では、家に帰ると奥さんなり旦那さんなりが「お帰りなさいませ」と言ってくれるかというと、そんなことはたぶんない。「お帰りー」くらいがせいぜいだろう。なに? あなたのウチでは、奥さんが帰ってくると、あなたが「お帰りなさいませ、奥様」と言って迎えるですと? いやまあ、それはあなたのウチの特殊な事情であって、ガイジンさんに「日本ではこう言う」などと教えるのには問題があるだろう。

 要するに、秋葉原で「お帰りなさいませ、ご主人様」などという日本語を覚えて帰ったとしても、そんな日本語を使う機会などまずないのだ。わかりましたか、ガイジンさん? まあ、こういうのは、われわれが外国語を覚える際にも気をつけたいことではある。



|

« 未来のレコーディングダイエット | トップページ | 短歌は画だねえ »

コメント

その辺、某北○○ではガイジンさん観光客が行ける場所を制限していて、常にガイドが監視…じゃなく案内するから誤解が生じる隙が無い、ハズなんですが、その国のコトバ(に限らず)はあまり日本では馴染みがありません。正確さだけでは伝わらないモノがありますね。(距離は近い国なんですが)

投稿: アダチ@初音ミク中毒 | 2008年6月18日 (水) 02時08分

どうもロシアじゃ「オタク」と「ヘンタイ」が普及し始まってるみたいで……

投稿: ふみお | 2008年6月18日 (水) 09時53分

この「お帰りなさいませ」という使い方は花登筺原作、 星由里子主演ドラマ「ぬかるみの女」でも使っていました。
時代設定は昭和20年代だと思いますので、かなり古くから使われている日本語ではないでしょうか?

投稿: 小林泰三 | 2008年6月18日 (水) 21時38分

旅館にチェックインしたあと、外に出て戻ってくると
旅館の人が「お帰りなさいませ」と挨拶してくれます
いらっしゃいませはもうすんでるし、この場合適当にかける言葉がこれしかないです
ご主人様はつきませんが

投稿: kaoru | 2008年6月19日 (木) 14時15分

>アダチ@初音ミク中毒さん
>某北○○

 一瞬、北新地かと思いました。


>ふみおさん

 「オタク」はまだいいんですが、「いまヤポンスキーのあいだでは、ヘンタイがクールだぜ」とか、妙な広まりかたしてないでしょうねえ。


>小林泰三さん

 いやまあ、ハイソな人たちは日常的に家庭で使っているのやもしれませんが、飲食店の給仕は言わんでしょう。


>kaoruさん

 おお、たしかに! ビジネスホテルでも言われますね。「ご主人様」さえつかなければ、宿泊施設では自然な用法ですね。

投稿: 冬樹蛉 | 2008年7月 7日 (月) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/41559296

この記事へのトラックバック一覧です: お帰りなさいませ:

« 未来のレコーディングダイエット | トップページ | 短歌は画だねえ »