« ビッグビジネスの予感 | トップページ | アメリカでLPレコードが復興中 »

2008年6月11日 (水)

どうも飲食物が“青い”というのは、違和感を禁じ得ない

青く輝く炭酸飲料「ペプシ ブルーハワイ」を飲んでみました (GIGAZINE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080610_blue_hawaii/

 たしかになんとなくさわやかな気もしないでもなく、喉が渇いているときに飲んだら気持ちよさげだが、それにしても色がなあ……。なんか、こういうのを思い出しちゃいましたよ。筒井康隆をして、「それにしてもこの作品をこれから読むという人、ほんとにしあわせな人ですなあ」と言わしめた“多元宇宙もの”SFの傑作古典で、主人公のキースは“ちがう宇宙”に紛れ込む羽目になっているのだ――

 キースはウェイトレスを見上げていった。
 「マンハッタンをひとつ」
 「おそれいりますが、そういうのは聞いたことがありません。新しいお酒でしょうか?」
 「マーティニは?」
 「かしこまりました。青ですか、ピンクですか?」
 キースは身ぶるいをおさえて、
 「ウィスキーのストレートはあるかね?」
 「むろん、ございます。なにかお好みの銘柄でも?」
 キースは、これ以上めんどうな係り合いはごめんなので、ただ頭を左右にふった。ウィスキーがピンクや青でなければよいがと思った。

――『発狂した宇宙』(フレドリック・ブラウン/訳:稲葉明雄)

 そのうちほんとうに青いウィスキーでも出たら、“Mad Universe”とでも名づけることを提案しておこう。



|

« ビッグビジネスの予感 | トップページ | アメリカでLPレコードが復興中 »

コメント

 ミントビアというカクテルがありまして、昔「創作の部屋」のオフでは良く出しました。
 ウインナビアというカクテルで苦労したこともあります。

投稿: 東部戦線 | 2008年6月12日 (木) 00時48分

 「青汁」も本当に青かったら嫌ですよね。

投稿: 林 譲治 | 2008年6月12日 (木) 07時47分

>東部戦線さん

 それって、FSFのオフというよりは、「ゲゲボドリンクの部屋」のような(^_^;)。


>林譲治さん

 インク飲んでるみたいでしょうねえ。

 「うーーーん、青いっ! もう一杯!」

投稿: 冬樹蛉 | 2008年6月17日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/41497345

この記事へのトラックバック一覧です: どうも飲食物が“青い”というのは、違和感を禁じ得ない:

« ビッグビジネスの予感 | トップページ | アメリカでLPレコードが復興中 »