« 産地はどこか、前へ回ってウナギに訊いてくれ | トップページ | “下痢小説”なんてジャンルがあったのか…… »

2008年6月28日 (土)

なんととっぴな平城京

「せんとくん」敗れる 京都・山科駅前で288人に聞く (asahi.com)
http://www.asahi.com/national/update/0626/NGY200806260005.html

 「せんとくん」は有名だが、好感度は「まんとくん」に軍配――。平城遷都1300年祭のキャラクターについて、そんなアンケート結果が出た。ただ、「せんとくん」は高齢者の間では健闘した。「なーむくん」も含め、乱立ぎみのキャラだが、調査した京都橘大学の木下達文准教授は「せんとくんの知名度を生かし、ダブル、トリプルキャストでやってはどうか」としている。

 せんとくんまんとくんなーむくんに続いて、けんとくんというのはどうだろう? まんとくんにもなれる。



|

« 産地はどこか、前へ回ってウナギに訊いてくれ | トップページ | “下痢小説”なんてジャンルがあったのか…… »

コメント

個人的に「けんとくん」がいいです。(年代のせい?)

投稿: 湖蝶 | 2008年6月29日 (日) 09時34分

>湖蝶さん

 けんとくんは、逞しい体格を誇張するようなスーツを着ているのが、ちょっとヘンと言えばヘンです。ほんとなら、只野仁みたいに、身体の線が出てしまわないようなだぶだぶの冴えないスーツを着るほうが合目的的です。

投稿: 冬樹蛉 | 2008年7月 8日 (火) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/41672526

この記事へのトラックバック一覧です: なんととっぴな平城京:

« 産地はどこか、前へ回ってウナギに訊いてくれ | トップページ | “下痢小説”なんてジャンルがあったのか…… »