« 天文学者になればよかった | トップページ | 旅の恥は書き捨て? »

2008年6月24日 (火)

「水と空気だけで発電し続けます」はないだろう

日経BPが永久機関の話にだまされちゃ困るだろう (Life is beautiful)
http://satoshi.blogs.com/life/2008/06/bp.html

 日経エレクトロニクスの愛読者として日経BPにはいろいろとお世話になっている私だが、今回のは完全なミスなので日経BPのためにも指摘しておきたい。こんな詐欺のような話は頭から無視すべきなのは明々白々。こんなくだらない話を記事にした記者には厳重注意を与えるべき。日経BPとしてこれ以上の権威失墜を避けるためにも、ここから先の報道は控えた方が良いだろう。できることならば、「なぜこの手の永久機関が不可能なのか」を丁寧に解説して、不幸にも誤解してしまった読者を救済すべき。

 これはじつにもっともな指摘である。アントニオ猪木ならともかく、天下の日経BPがこういう胡散臭い発表の片棒を担ぐかのような報道をするのはまずい。永久機関ではないと言っているにせよ(あたりまえだ、言っていたらそれこそトンデモだ)、中島聡氏の指摘するように、この会社も日経BPも、非常にミスリーディングなもの言いをしている。犯意があると疑われてもしかたのない発表のしかただ。

 おれとしては、“ニセ科学”の匂いがしたもんで、SFファン的野次馬根性で上記の中島氏の指摘や当該記事を興味深く眺めたのだけれども、どうもこれは“ニセ科学”というよりは、単なる“誇大広告”のようだ。それに日経BPが不注意にも乗せられてしまったということだろう。日経BPは善意の第三者(?)といった好意的な解釈もできようが、一企業の発表を内容も吟味せずウラも取らずにそのまま記事にしてしまうというあたりが、日経BPというブランドを背負っている記者としてはあまりに不注意だ。『探偵!ナイトスクープ』だって、それくらいのことはするぞ。『探偵!ナイトスクープ』がこんなネタをそのまま咀嚼もせずに取り上げたら、上岡龍太郎前局長なら怒って席を蹴って帰るよな。



|

« 天文学者になればよかった | トップページ | 旅の恥は書き捨て? »

コメント

WESの件、gigazineで見て一目「これは永久機関。はいはい。」ということで
なんでこんなもの大そうに取り上げるのじゃろ、とか思いましたが、大そうに
取り上げとかないと被害者が出るかもしれんのでそれはそれで報道する価値も
あったのかも、とか思いました。まさか日経がああ報道するとは思いませんでしたが。

それはそれとして、ネタとして何か使えないかとつらつら想っていたのですが、
実は本当にWESが水だけで発電する、という話はどうでしょう。彼らはまったく
気が付いていなかったのですが、実は「触媒」では微量のHeが発生していたのです。
そう、彼らが「触媒」と想っていたのは、実は「常温で核融合しちゃう物質」
だったのでした~(c)永野のりこ
ところが、神のレシピか偶然の産物か、彼らにもその「触媒」がどうやって
出来たのかわからず、再現もできず、WESは投資詐欺目的のインチキ科学として
永遠に葬られてしまうのでした、みたいな。

まぁ実際はAlを還元剤としたH2O酸化還元反応みたいですけどね。

投稿: hokesawa | 2008年6月25日 (水) 02時54分

>hokesawaさん
>実は本当にWESが水だけで発電する、という話はどうでしょう

 それ、面白いですねえ。ちょっとしたショートショートになりそうです。

 じつは“右に回したときだけ常温で核融合する物質”だった……というのは、ちょっとやりすぎか。

投稿: 冬樹蛉 | 2008年7月 8日 (火) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/41630668

この記事へのトラックバック一覧です: 「水と空気だけで発電し続けます」はないだろう:

« 天文学者になればよかった | トップページ | 旅の恥は書き捨て? »