« くいだおれ、ついに倒れる | トップページ | “引きずり箱車”の流行 »

2008年4月11日 (金)

いかにもエンジンの名にふさわしい

Steampunk Unboxing: Difference Engine Arrives in Silicon Valley (Wired)
http://www.wired.com/gadgets/miscellaneous/multimedia/2008/04/gallery_babbage

When Charles Babbage invented a massive calculating machine in 1849, he probably didn't count on the 150 years it would take to actually get the thing built.
Babbage's Difference Engine No. 2 was a precursor of modern computers, capable of performing complex mathematical calculations with 31 digits of precision, all using Victorian-era rods, gears, levers and linkages.
But Babbage never completed it. It took engineers and curators at London's Science Museum almost six years of work to bring Babbage's 20 pages of blueprints to life in 1991.
Now, thanks to Microsoft multimillionaire Nathan Myhrvold, a second Difference Engine has been built and delivered to the Computer History Museum in Mountain View, California, where trained docents will turn its brass handle to crank out the calculations Babbage dreamed of automating.

 ううーむ、なんてセクシーなんだ。なんかこういうのには、下手なエレクトロニクス(って、どんなエレクトロニクスだ?)より萌えますなあ。タイガー計算機のでかいやつ。惜しむらくは、やっぱりこれは蒸気機関で動かしてほしいよなあ。まあ、湿気に弱いそうだから、蒸気機関本体とは隔離して駆動力を伝えなきゃならんだろうけど。

 これを機会に『ディファレンス・エンジン』(ウィリアム・ギブスン&ブルース・スターリング/黒丸尚・訳/角川書店)の復刊希望。こういう記念碑的古典(というには新しいが、やっぱり“スチームパンク”という意味では古典だよなあ)が古本でしか入手できないのは、じつにもったいない。『パヴァーヌ』(キース・ロバーツ/越智道雄・訳/扶桑社)なんかは、サンリオ文庫なきあと、扶桑社から復刊されたのになあ(それももう古本でしか手に入らないのか。おれも歳食ったもんだ)。



|

« くいだおれ、ついに倒れる | トップページ | “引きずり箱車”の流行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/40844451

この記事へのトラックバック一覧です: いかにもエンジンの名にふさわしい:

« くいだおれ、ついに倒れる | トップページ | “引きずり箱車”の流行 »