« あったらコワイ利用規約改定のお知らせ | トップページ | CGMの資産価値 »

2008年3月 8日 (土)

テロリストの羊飼い

今度は在英日本大使館に侵入 シー・シェパードの活動家 (MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080306/erp0803062309008-n1.htm

 国際捕鯨委員会(IWC)の中間会合が始まったロンドンで6日朝、日本の調査捕鯨に反対するシー・シェパードの活動家とみられる男性が、在英日本大使館の外壁づたいに2階バルコニーによじ登り、「日本は調査捕鯨をやめよ」という横断幕を掲げた。男は約2時間後、警察官に逮捕された。この男性は1月にも同大使館のさくに鎖で体をつなごうとして逮捕されている。また、会合が開かれたヒースロー空港近くのホテルでも活動家4、5人が抗議活動を行った。(ロンドン 木村正人)

 前からいらいらしていたのだが、こいつら、ただのテロリストでしょうが。おのれの主義主張のためなら、なにをしてもいいと思っている時点で、完全なテロリストだ。テロとの戦いに熱心なブッシュ政権は、最後に派手なパフォーマンスをやったらどうだ? いい花道になると思うぞ。こいつらは民主主義の敵である。ブッシュ政権の思想を貫くのであれば、こいつらの本拠地にトマホークでもぶちこめ! バンカーバスターで粉砕しろ! ブッシュ大統領よ、こいつらはいまはクジラを捕っている国に“たまたま”矛先を向けているだけであって、ちょっと気が変わるだけで、ウシを食っている国にも同じ論理で矛先を向けてくるポテンシャルを持っているやつらだぞ。むかし、あんたらが子飼いにしていたビンラディンとかいうやつと、基本的になんら変わるところがない。そのまま放っておくと、た~いへんなことになりますよ~! ♪来る~、きっと来る~、きっと来る~……。



|

« あったらコワイ利用規約改定のお知らせ | トップページ | CGMの資産価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/40417941

この記事へのトラックバック一覧です: テロリストの羊飼い:

« あったらコワイ利用規約改定のお知らせ | トップページ | CGMの資産価値 »