« 台風娘、再上陸の兆し? | トップページ | 一応、戦争を放棄しておいてよかったよね »

2008年2月25日 (月)

おれには必要のない道具

 どうも世の中ではポピュラーらしいのだが、ここ四十年ばかり、おれは一度も使ったことのない道具がある。それはアイロンと呼ばれている。

 子供のころ家にあったので、いっぺん使ってみたいと思ってハンカチだったかなにかにかけたのが、おれがアイロンを使った最後だ。それ以来、一度も使ったことがない。たぶん押入れの奥かどこかにいまも眠っているのだと思うのだが、あんなものがなかったところで、まったく困りはしない。そもそも、クリーニング屋かなにかならいざ知らず、ふつうの家庭にアイロンなんてものがなんで必要なのか、おれにはさっぱりわからないのだ。もちろん、ズボンプレッサーなどという、ズボンの皺を取るしか能がないくせにやたら場所を取る言語道断の装置も、わが家にはない。

 だいたい、服なんてものは、着ていれば少々皺が寄ってきてあたりまえである。どうせすぐ皺になるのに、貴重な時間を使っていちいち皺を展ばすなどという面倒くさい作業をする気には到底ならない。そんな時間があれば、鼻糞でもほじっていたほうが、少なくとも呼吸がしやすくなるだけ、アイロンがけなどよりなんぼか有益だ。ワイシャツやらなにやらなんぞ、洗濯したときにパンパンと手で引っぱってパァ~ンっと適当に振りさばいておけば問題ない。皺が寄っていたから着るときに怪我をしたとか、皺のせいで袖を通しにくくなったなんて話は聞いたことがない。衣服やらハンカチやらに皺が寄っていようがいまいが、それらの機能になんの影響があるというのだろうか。

 おれがこういうことを言うと、「でも、奥さんがいたらアイロンかけてもらうでしょう?」などと愚かな推測をする人がたまにいるのだが、いーや、おれに妻がいたら、そのような無駄なことはさせない。そんな作業に割く時間があったら、鼻糞でもほじっていてくれたほうがなんぼか有益であるとアドバイスする。

 おれはピチーッとアイロンのかかった不自然に皺のない衣服を着用している人間を見ると、「ああ、この人はアイロンがけなどというくだらない作業に貴重な時間を費やすつまらない人間なのだな」と、まず思ってしまう。あなた、思いませんか? いや、わかっている。人を身なりで判断してはいけない。アイロンのかかった皺のない服を着ている人の中にも、おれにはにわかに理解しがたいけれども、事実ちゃんとした人間は少なからずいる。まあ、そのへんが世の中の面白いところだ。たしかに、これはおれの偏見である。あくまで第一印象でおれが反射的に抱いてしまう偏見であって、アイロンがかかった服を着ているからといって、つまらない人間だと決めつけたりはしないように努めている。

 アイロンは危ない。うっかりすると、火事の元になったりする。触ると火傷する。電気を食う。場所を食う。アイロンというものを所有し使用するリスクとコストは、ただただ布の皺を展ばすというくだらない目的と引き換えにするにはあまりに大きい。

 たとえば、エルキュール・ポアロのように非凡な頭脳や才能を持っているというのなら、衣服の皺ごときに注意を向ける余裕もあろうというものだが、幸か不幸か、おれにはそのような余裕はない。平々凡々たるおれなどが衣服の皺などを気にするのは、五十六億七千万年早いわ。分不相応である。

 よって、アイロンの発明者やアイロンメーカーには申しわけないが、おれはこれからも、死ぬまでアイロンを手にすることはないだろう。アイロンなんてものがいくらくらいするものか、おれにはまったく相場の見当がつかないけれども、アイロン一台買う金があれば、少なくとも本の一冊、CDの一枚くらいは買えそうな気がする。

 それにしても、世の中には不思議な道具があるものだ。



|

« 台風娘、再上陸の兆し? | トップページ | 一応、戦争を放棄しておいてよかったよね »

コメント

でもね、アイロン掛けして皺がぴーって伸びるのは気持ちよかとよー
電気代が掛かるのが気になるけど、気分転換にもなっとです。

じゃあね

投稿: こり | 2008年2月26日 (火) 21時03分

 私が一人暮らししていたころ、勤めていたのが香料や調味料を扱っている会社だったので、臭いがつくので、毎日安物のカッターシャツをとっかえひっかえ着て出勤していました。当然週末には洗い物がたまります。土曜の午前中にはそれを洗濯してベランダで干し、日曜の夜にそれを入れて、テレビを見ながらアイロンをかける。そういう生活を10年近くしていました。まあ、よくやったものです。(いまもひとりものですが、今はそんなことはしていません。)
 そのころの私に、こう言ってやりたい。
「あんたは『IRON KING』だ。」
と。

投稿: いぎたなし | 2008年2月26日 (火) 23時02分

>こりさん

 いや、べつにアイロンかけて気持ちいいという人の趣味を否定する気はないのです。あくまで、私の趣味に合わないというだけでして(^_^;)。


>いぎたなしさん

 IRON KING とは、たぶんこういう人たち( http://www.exironingjapan.com/ )のことを言うのだろうと思います。水はそんなに飲まないみたいですが……。

投稿: 冬樹蛉 | 2008年2月28日 (木) 01時18分

その「IRON KING」の本が出ました。

そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記
松澤 等 著 早川書房 ISBN-13: 978-4152089670

水の中でもするみたいですね。

投稿: いぎたなし | 2009年2月14日 (土) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/40111440

この記事へのトラックバック一覧です: おれには必要のない道具:

« 台風娘、再上陸の兆し? | トップページ | 一応、戦争を放棄しておいてよかったよね »