« 私の服はワインでできているの | トップページ | ドリルが買いたいのではなく、穴が欲しいのだ »

2007年11月19日 (月)

不確定屁ぇ原理

 風邪を引いているせいか、屁ばっかり出る。おそらく、鼻水をしょっちゅうすするので空気を多く飲み込んでしまい、それが屁になって出てくるのだと思われる。そのせいか、ぷーすかぷーすか出るのに、全然臭くない。が、風邪を引いているもんだから、それがほんとに臭くないのかどうか、確信が持てない。風邪が治ってからゆっくり嗅いで確かめようと思うのだが、風邪が治ってしまったら、空気を飲み込んだせいで出る屁は出なくなるはずだ。つまり、風邪を引いているときに出る屁が臭いかどうかは、おれ自身には原理的にわからないということになる。Q.E.D.



|

« 私の服はワインでできているの | トップページ | ドリルが買いたいのではなく、穴が欲しいのだ »

コメント

屁が匂うのではなく、匂うのが屁であるとするなら、匂わないなら屁は存在しないという理屈になる。えぇ、屁理屈ですとも。

投稿: 林 譲治 | 2007年11月20日 (火) 14時57分

「屁をこいた」という自分の意識がつまり屁なんだってば・・・いえわかってます、こういうのが屁理屈なんだって

投稿: 村上 | 2007年11月20日 (火) 19時44分

自分のは我慢できるが,他人のは我慢ならん,というのが特殊相対屁ぇ理論。

投稿: ソウヘイ | 2007年11月20日 (火) 22時16分

 無矛盾な公理屁(なんだそれは?)において、臭いか臭くないかが決定できない屁が少なくとも一発存在する――ってのは、ヘーデルの不完全屁定理。

投稿: 冬樹蛉 | 2007年11月20日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/17123560

この記事へのトラックバック一覧です: 不確定屁ぇ原理:

« 私の服はワインでできているの | トップページ | ドリルが買いたいのではなく、穴が欲しいのだ »