« 親が壊れている | トップページ | ♪地鶏じゃないって~ 不適なことね~ »

2007年10月20日 (土)

ニューディール商法?

 ♪えっじゃないか えっじゃないか えっじゃないか
  “まき直し”てたって えっじゃないか
  伊勢の名物 赤福餅は「えっ!?」じゃないか


赤福を営業禁止処分 三重県、期限は設けず (CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007101902057644.html

◇売れ残りを再販売
 和菓子の老舗「赤福」(三重県伊勢市)による赤福餅(もち)の製造日偽装問題で、三重県は十九日、同社が売れ残りの商品も冷解凍して再販売していたことを受け、食品衛生法違反で伊勢市朝熊町の本社工場を営業禁止処分にした。処分は期限を設けず、再発の恐れがないと確認できるまで営業できない。また、農林水産省と三重県、名古屋市などは、合同で本社工場や名古屋営業所(名古屋市中川区)などを立ち入り検査した。


「赤福餅」 - 詐欺商法を元従業員が告白


 なんだかなあ……。不二家の事件をどんなふうに見ていたんだろうね、赤福は。

 なんでも、この「まき直し」なる“残りものの偽装再販売”は、三十四年前からやっていたのだそうだ。待てよ、三十四年前? あっ。なんということだ。つまり、まさにおれが小学校の修学旅行で伊勢に行って、赤福餅を大量に持って帰って食ったころからやっているわけではないか。あのときおれが食ったやつも、売れ残りだったのかもしれんなあ……。大人なんて、大人なんて大っきらいだぁ~!

 それにしても、三百年の伝統もブランド力も、一週間もしないうちに地に堕ちるのだから、二十年や三十年やってる程度の会社の信用など、一夜にして吹けば飛ぶということがしみじみ実感できる。コンプライアンスというのは大事ですなあ。

 赤福がいつ営業を再開できるのかはわからないが(おれの母は赤福餅の大ファンである)、もう二度とは赤福餅をむかしのように見ることはできないだろう。

 赤福の経営陣には、ぜひこの本をじっくりと読んでもらい、人様からお金を頂戴する商売というものの根っこのところにある意味を、いま一度素朴に考え直してほしいぞ。



|

« 親が壊れている | トップページ | ♪地鶏じゃないって~ 不適なことね~ »

コメント

岩手県の「芽吹き屋」さんは和菓子を冷凍状態で売っています。
そういう道もあったのにねぇ…。

投稿: りんりん | 2007年10月20日 (土) 08時21分

 ああ、これで赤福餅もしばらく食べられなくなるのか、こうなるとなぜか食べたくなるものだよなあ、と新聞のチラシを見ると、スーパーのチラシに「伊勢名物 御福餅 640円」の文字。
 さすがだよなあ、と感心することしきりです。

投稿: いぎたなし | 2007年10月20日 (土) 12時47分

えーと、あちらの出身として、突っ込みを一つ。

御福餅は別物ですよ。
極めてグレーかもしれませんがw
http://www.mint.or.jp/ofuku/

元々、伊勢は古来からの観光地のため、餅類(太閤出世餅やら)は結構多いのですが、他の奴も注意してもらいたいものです。

あと、現地では夏の風物詩として、カキ氷に入った「赤福ごおり」なるメニューがありまして、冷凍の話を聞いた際は、「あのノウハウを流用か?」と思ったりw

投稿: Haster | 2007年10月21日 (日) 03時44分

御福餅がなにと別物と主張されているのか、私には分かりませんが、売れ行き好調のようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000009-gen-ent

こんな比較ページもありました。
http://homepage1.nifty.com/sasapon/spe_ohuku.html
もともと赤福餅とは別に根強いファンがいるようです。
単なる甘い物好きで、一年に一度か二度くらいしか○福餅を食べない私としては、まあどっちでもいい。どっちも好き、と言ったところです。

投稿: ROCKY 江藤 | 2007年10月21日 (日) 11時28分

>冬樹蛉 様
 お騒がせして、申し訳ありません。「さすがだよなあ」は、こちらの気持ちを先回りしたようなスーパーに対するものです。

> Haster  様

>他の奴も注意してもらいたいものです。

 はい、わかりました。別物とは認識はしておりましたが、ウィキペディアを見ると、棲み分けなどして、根付いているようですね。他地域からみると「伊勢は「赤福」、生八つ橋は「おたべ」」という頭があるもので。申し訳なく思います。

最後に
「われわれには、まだ「博多ぶらぶら」がある!」(失礼しました)
 

投稿: いぎたなし | 2007年10月22日 (月) 22時05分

>不二家の事件をどんなふうに見ていたんだろうね、赤福は。

こんなふうに見ていたようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000019-mai-soci

「ヤバい」という認識はあったようですが、「すんません、うちも30年間(以上)違法行為してました」と
(その時点では)バレてもいないのに告白する勇気はさすがになかったんでしょうね……。
ものが伊勢だけに「あとの祭り」ってか。

投稿: クレイン | 2007年10月23日 (火) 05時47分

>りんりんさん
>和菓子を冷凍状態で

 そうなんすよ、嘘つかなけりゃ、それはそれでいいアイディアなのに。

>御福餅

 赤福騒動で、それこそ棚からぼた餅だろうと思っていたら、その後、同様の偽装が発覚しちゃいましたね。いやはやなんとも……。


>クレインさん
>バレてもいないのに告白する勇気

 おそらく、み~んながよ~く知っているあ~んなものとかこ~んなものとかも同じように偽装されていて、いろんな会社が戦々恐々としているんじゃないかと想像しちゃいますね。

投稿: 冬樹蛉 | 2007年11月 5日 (月) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/16814213

この記事へのトラックバック一覧です: ニューディール商法?:

» 赤福偽装 まき直し [「 赤福餅 」 偽装 表示? ]
「まき直し」というと、通常は、 「改めて種をまくこと」 「初めからやり直す事」 だが、赤福の場合は、いったん包装した商品を冷凍保存させて、再包装する手法を「まき直し」と呼び、日常的に消費期限を改ざんしていたという。 私個人としては、美味しくていつも利用していた物だから、 これをきっかけとして 「新規蒔き直し」をして、体制を整え直し、取り組んでいただきたいと切に願うものです。... [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 15時38分

« 親が壊れている | トップページ | ♪地鶏じゃないって~ 不適なことね~ »