« そのホンモノが信用できないんだってば | トップページ | オススメされてしまった »

2007年8月10日 (金)

ダル愛の詩

 アーノルド・シュワルツェネッガーのことをマスコミが「シュワ氏」と書くのもたいがいやなーといったことを以前書いたんだが、ダルビッシュ選手のことを「ダル」ですませるのは、もっとたいがいやなーと思う。なんちゅうか、『坊ちゃん』野だいこ「野だ」になっちゃうのにも似た、独特の力業感が漲っている。



|

« そのホンモノが信用できないんだってば | トップページ | オススメされてしまった »

コメント

 力業感というより脱力感。

 「シュワちゃん」は親しげで良いけど「シュワ氏」には手抜きを感じます。関係ないけど、だれも「シュワっち」と呼ばないのは不思議。

投稿: 東部戦線 | 2007年8月11日 (土) 11時06分

パチスロ「新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~」は「まごエヴァ」と呼ばれることが多いようです。
語呂は良いかもしれませんが、元ネタは跡形もありません。

それにしても、お盆中は勝てませんね。

投稿: アダチ | 2007年8月13日 (月) 23時05分

>東部戦線さん

 「シュワっち」はいいんですけどねえ。これから使いたいと思います。

>アダチさん

 ま、「まごエヴァ」ですか……。さすがにそれは使ったことありませんが、使い出すとけっこう快適かもしれません。でも、私らくらいですご『まごころを君に』と言われると、『アルジャーノンに花束を』の映画かと思ってしまうんですが……。ちなみに、VHSで持ってたりします。

投稿: 冬樹蛉 | 2007年8月15日 (水) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/16063254

この記事へのトラックバック一覧です: ダル愛の詩:

« そのホンモノが信用できないんだってば | トップページ | オススメされてしまった »