« 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』(太田直子/光文社新書) | トップページ | 走り終えたランナー »

2007年8月 7日 (火)

Another one writes about the dust.

「クイーン」ギタリストが天文学の博士論文提出 (asahi.com)
http://www.asahi.com/science/update/0804/TKY200708040210.html

 著名な英国のロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさん(60)が3日、ロンドンのインペリアル・カレッジに天文学の博士論文を提出した。メイさんはかつて同カレッジに在籍し、71年から博士論文のための研究に入っていたが、音楽活動のために棚上げした。しかし、その後も思いは断てず、当時の研究を36年ぶりにまとめたという。
 AFPなどによると、論文のタイトルは「黄道のちり雲における視線速度」。昨年研究を再開し、今年7月にスペイン領カナリア諸島の天文台で3.6メートル級の望遠鏡を使うなどして総まとめ。「何度も頭をかきむしりながら」論文を完成させ、同カレッジの宇宙物理学の筆頭教授に自ら手渡した。
 23日に論文に関する口頭試問があり、その上で博士号が授与されるかどうか決まる。メイさんは英BBC放送に「音楽のために研究をあきらめることは、当時とても苦しい決断だった。このカレッジで、この日を迎えられることをとても誇らしく思う」と語った。

 おおー、執念ですなー。通るといいなあ。ブライアン・メイ博士なんて、かっこよすぎ! でも、さだまさしには悪いけど、この人は天文学者にならなくてよかった



|

« 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』(太田直子/光文社新書) | トップページ | 走り終えたランナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/16032696

この記事へのトラックバック一覧です: Another one writes about the dust.:

« 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』(太田直子/光文社新書) | トップページ | 走り終えたランナー »