« 「時東ぁみ」の「ぁ」はどう読むのか? | トップページ | ベッカムでも曲がらんと思う »

2007年7月17日 (火)

『クロサギ(14)』(黒丸/原案:夏原武/ヤングサンデーコミックス)

 12巻あたりから、ひとつの詐欺ネタで連載八回といった長い話と三回くらいの短い話が交互に出てくるようになった。人気が不動のものになったために、長い話でも充分読者がついてくると判断したのだろう。実際、長い話のほうが、大がかりな詐欺が扱えて面白いのである。14巻ともなると、脂が乗り切っている。

 14巻の大部分を占める「テナント契約詐欺」(第145話から第152話までの八回分)は、いままでのエピソードでいちばん面白い。巨額の遺産を相続した学者バカの先生を寄ってたかって食いものにするのは親戚や銀行。詐欺同然の賃貸借契約書で世間知らずの学者先生から金を毟り取っている銀行をターゲットに、黒崎は学者の秘書として動き出す。ところが、悪辣な銀行とくれば、もうひとりの詐欺師が狙っているのはお約束。そう、黒崎のライバル、大企業専門の詐欺師、白石である。銀行、シロサギ、クロサギという三種類の詐欺師が、金融庁や財務省まで絡めて、虚々実々の詐欺合戦を展開する。いやあ、日本のマンガはほんとにレベル高いねえ。

 このエピソードで作者は、とくにバブル期における銀行の悪辣な行為を容赦なく糾弾する。巻末の「シロサギ・データ・ファイル 14」で、原案の夏原武は、銀行を「ハイエナ」とまで呼んでいるくらいだ。以前おれは、「もしかすると『クロサギ』は、“この社会そのものが、合法的な巨大詐欺システムである”というところにまで斬り込んでゆこうとしているのかもしれない」と書いたが、14巻を読んで、その期待をいよいよ膨らませた。行け、黒崎、行くとこまで行け!



 

|

« 「時東ぁみ」の「ぁ」はどう読むのか? | トップページ | ベッカムでも曲がらんと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/15760321

この記事へのトラックバック一覧です: 『クロサギ(14)』(黒丸/原案:夏原武/ヤングサンデーコミックス):

» 「クロサギ」 [映画・テレビドラマ化 漫画リスト]
クロサギ(1-12巻 続巻)原案:夏原武・黒丸 週刊ヤングサンデー(小学館)に連載。2006年4月14日~2006年6月23日の22:00~22:54の金曜ドラマ枠で放送。★キャスト★黒崎:山下智久(NEWS) 吉川氷柱:堀北真希白石陽一:加藤浩次三島ゆかり:市川由衣桃...... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 19時33分

» クロサギにハマる。 [ゼラチン製秘密基地]
本日は近所のマンガ喫茶が半額!特に読みたい作品もなかったのですが、せっかくのセールなのに行かないというのももったいない。(気になる作品はほぼ制圧) [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 18時10分

« 「時東ぁみ」の「ぁ」はどう読むのか? | トップページ | ベッカムでも曲がらんと思う »