« 『沈黙のフライバイ』(野尻抱介/ハヤカワ文庫JA) | トップページ | 冷やし中華はじめました »

2007年5月16日 (水)

ラヴ・ストーリーに向かない思考回路

 そういえば、ずいぶん前に地上波テレビで放映されたのを録画しておいた『私の頭の中の消しゴム』(監督・脚本:イ・ジェハン)って映画を先日ようやく観た。おれは朝鮮語がわからんのだが、原題もこんな気の抜けたようなタイトルなのか? どうもおれの悪い癖で、「それはどんな消しゴムなのだろう?」とついつい要らんことを考えてしまい、「“キン消し”だったら面白いのに」と想像してしまったのが悪かったのか、「このソン・イェジンという女優さんはなかなか可愛いな。さ、屁ぇこいて寝よ」程度の感想しか持てなかった。

 だいたいだなー、こういうネタでSFファンを感動させようと思ったら(なにもSFファンをターゲットにしてないだろうけど)、『アルジャーノンに花束を』という大傑作があるんだから、アレとタメを張るくらいじゃなきゃダメだよ。足元にも及びませんな。

 ま、ソン・イェジンの頭の中にキン消しがぎっしり詰まっているという危険なヴィジョンにはなかなか心躍るものがあり、そういうものが得られただけでも、観て損はなかったかな。こういうのが詰まっているという想像も吉だ。SFは絵だねぇ(ってなにが)。



|

« 『沈黙のフライバイ』(野尻抱介/ハヤカワ文庫JA) | トップページ | 冷やし中華はじめました »

コメント

キン消しは塩ビであって消しゴムじゃないとのこと(知らんかった)。何かシッチャカなことになりそうでホラーです。

投稿: 村上 | 2007年5月16日 (水) 10時32分

>村上さん

 いやまあ、いまの消しゴムはほとんどゴムじゃないでしょうし。

 キン消しを初めて見たときに思ったのは、「むかしはバンデル星人だったもんだ……」。

投稿: 冬樹蛉 | 2007年5月22日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/15087707

この記事へのトラックバック一覧です: ラヴ・ストーリーに向かない思考回路:

» 私の頭の中の消しゴム-チョン・ウソン・ソン・イェジン主演を見ました。 [カメラ屋 店長のすべて話します。]
私の頭の中の消しゴム-チョン・ウソン・ソン・イェジン主演を見ました。 この映画を見るのも、昨日で5回目になりましたが何度見ても、最後のスジンからの手紙に目頭が熱くなります。死より切ない別れがある。韓国で3週連続NO.1、日本では4週連続NO.1の大ヒットを記録!あなたの記憶から絶対に消せない感動作!と今では大ヒットになってしまいましたがこのふれこみどおり見逃せない作品です。私的にはTOP3に入る映画なんですが... [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 13時52分

« 『沈黙のフライバイ』(野尻抱介/ハヤカワ文庫JA) | トップページ | 冷やし中華はじめました »