« ジェットコースターの失敗学 | トップページ | 『忘却の船に流れは光』、待望の文庫化 »

2007年5月 7日 (月)

タフソーラーの G-SHOCK に餌をやっていなかった

 なんとね。連休中は吸血鬼のような生活をしていたものだから、腕時計のバッテリーが上がってしまった。おれが愛用しているのは G-SHOCK で、太陽電池搭載の電波時計だから、基本的にな~んにもしなくても、常に秒までぴったり合っている。ところがどっこい、あんまり光に当てないと、待機モードに入ってしまい、表示が消える。それでも内部ではちゃんと時を刻んでいて、光で充電してやると、すぐに表示が甦る。

 だがなんと、今度ばかりは、待機モードで使うエネルギーもすっかり使い切ってしまった。ふつうの人間がふつうに着けてふつうに生活していれば、こんなことはまずない。この連休は、よっ        ぽど光に当てなかったのだなあ。キカイダー01だって、ここまでのピンチに陥ったことはないだろう。ふだんパソコンの上か横に置いて置時計代わりに見ているのだから、蛍光灯にはひとりでに当たっているはずだが、部屋が暗すぎたか……。

 あわてて至近距離で読書灯に当てておいたところ、しばらくすると表示が甦った。が、時刻はでたらめである。工場出荷状態に戻ってしまったのだろう。時刻を合わせるには、電波時計の機能が使えるところまでエネルギーを充填してやらねばならない。直射日光に当ててやればかなり速く充電できるのだけれど、あいにく今日は天気が悪かった。だもんで、蛍光灯にずっと当てているんだが、まだ電波の受信機能が甦らない。なんてことだ。

 太陽電池式の時計の最大の弱点は、いったん電池が切れると、光に当てる以外に充電する方法がないということなのだった。「ああ、だからソーラーはダメなんだ」などと思わないでくださいよ。これほど光に当てないおれが異常なのであって、まあ、ふつうに暮らしているふつうの人であれば、エネルギーを切らしてしまうようなことはまずない。こんなに便利な腕時計はないのだ。最近は、ソーラー電波時計もずいぶん安くなって、選り好みをしなければ、腕時計で一万円を切るものがあるし、置時計なら二千円くらいからある――と、アマゾンに時計ショップができたのをいいことに、ちょっとあざとく商売をしてみたり。

 あ、吸血鬼みたいな生活が好きな人は、ゴールデンウィークと年末年始には気をつけたほうがいいすよ。



|

« ジェットコースターの失敗学 | トップページ | 『忘却の船に流れは光』、待望の文庫化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/14982654

この記事へのトラックバック一覧です: タフソーラーの G-SHOCK に餌をやっていなかった:

» 電波腕時計が売れている [腕時計の魅力]
電波腕時計は福島と九州(福岡と佐賀の県境)にある送信所から送られる 標準時間の電波を受信して,時刻を自動修正する機能を持つ。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 07時06分

« ジェットコースターの失敗学 | トップページ | 『忘却の船に流れは光』、待望の文庫化 »