« 野生の嗜好 | トップページ | 不二家の罪 »

2007年1月14日 (日)

木を隠すなら森の中

 このところあちこちでバラバラ事件が頻発していて、朝から晩までバラバラの話ばかり見聞きさせられるせいか、家事をしている最中など、なんの気なしに「♪My baby, baby, バラバラ」だとか「♪その名もたーかきチンパン探偵、ムッシュバラバラバーラバラ」などと唄っているおのれに気づき、不謹慎なことであるなあ、おれに子供がいなくてよかったなあとちょっと反省し、また唄い続ける。案外、おれと同年輩の方々は、同じように鼻歌を唄っているのではないかとも思うのだが……。

 こういう物騒な事件の多いときに、同系列の愉快犯が現れるとしたらどうだろう? ただただウケたいというだけの動機で、なんともない自分の腕やら脚やらを切断して、そこいらのゴミ箱やら公園やらにビニール袋に包んで捨てるのである。とにかく、それくらいウケたいという異常なやつなのだ。捨てるとき、ちょっと中身が覗く程度に袋を裂いておくのがポイントだ。発見者も警察も、まさかこれらの腕や脚の主が生きているとは思わないだろう。ほんもののバラバラ殺人事件と愉快犯のバラバラ(じゃないのだが)四肢遺棄事件が合わせて二十件くらい起こると、警察の捜査が大混乱すること請け合いである(請け合うなー!)。まあ、いまはDNA鑑定ができるから、結局はちゃんと分類できるのだが、初動捜査は大いにややこしくなる。よい子のみんなは真似しちゃだめだよ!

 むろん、これは不謹慎なネタであって、現在実行するやつがいるとは、ちょっと考えにくい(絶対ないとは言えないが……)。だが、近い将来、再生医療の研究が進み、腕や脚を単独で発生させたりすることができる技術が確立すれば、こんな愉快犯が出現する可能性は大いにある。そんな時代になれば、そこいらに腕やら脚やらが落ちていた場合、警察はまず、その主がひとりの人間として出生届けが出ている人なのかどうか、そもそも殺人事件があったのか、単なる窃盗や愉快犯なのではないかといったことから捜査しなくてはならない。テクノロジーは世の中を便利にもするが、ややこしくもするのである。



|

« 野生の嗜好 | トップページ | 不二家の罪 »

コメント

「スーパースリー」のテーマ曲を思い浮かべたり、「どろろ」の実写映画を観たいなーとか、どうせ捨てるならでっかい病院の裏に捨てたら、職員が勘違いして処理してくれるんじゃないか、なんて思う私も不謹慎です。

以前息子と「デビルマン」の実写版映画を見に行ってきた事があり、色々思い出しました。しかし、漫画版を読む前に、あれを見せたのは失敗だった。帰り道、随分責められました。「どろろ」も息子を誘って見に行きたいところなんですが、今度もアレ級だったら、二度と一緒に映画に行ってくれなくなりそうです。

投稿: おおじじ | 2007年1月14日 (日) 19時10分

あけましておめでとうございます。

さて、「木を隠すなら森の中」という本題に沿うならば、クローニングした手足の捨て場所は、やはり自爆テロの現場や地震、竜巻といった自然災害を受けた地域、あとなんといっても戦場でしょう((C)チェスタートン)。

それでは本年もよろしくお願い申し上げます。

投稿: いかなご太郎 | 2007年1月14日 (日) 19時57分

私は漫画「蟲師」のファンで、「水爆忌なし蟲師ギンコの薬筥」という俳句も作ったほどですが、実写があるんですねえ。主役オダギリジョー。うーん。ちょっとイメージがちがうような。
句を作ったころは検索しても二件くらいしかヒットしなかったのに、いまやすごいです。

投稿: ひめの | 2007年1月14日 (日) 21時09分

いいなあ、「その名も高きチンパン探偵、ムッシュバラバラバーラバラ!」の響き。
実は、私の周りにこの番組をほとんど全く知ってる人がいないのですが・・・何でだろう?そんなに放送時期が短かったのかしら?
昔、飲んでて、このドラマの話をして、爆笑された事があります(失礼だわ)。

投稿: TOMTOM | 2007年1月15日 (月) 13時00分

自分の足を切り落とせるなら、やっぱ最初は食べることから始めるのでしょうね。
もちろん「兇暴な口」からのネタですけど。

投稿: kondohi | 2007年1月16日 (火) 09時50分

>おおじじさん

 映画の『どろろ』がどんな仕上がりになっているのかは知りませんが、やっぱり若者にはまず原作を読んでほしいなあ(^_^;)。とくに『どろろ』の場合、言葉狩りのせいで台詞が不自然なものに書き換わってゆくので、早く読んでおかないと、将来、さっぱりわけがわからない奇妙な台詞になっている可能性もなきにしもあらず……。

>いかなご太郎さん

 どもども、今年もよろしくお願いします。ブラウン神父のシリーズなんて、いまの若い人は読むんでしょうかね? 絶版になってないところを見ると、思考機械よりは人気があるみたいですが……。私はブラウン神父は歪なところがあんまりないので、あんまり魅力を感じないです。やっぱり、探偵は人格が歪でないと(笑)。

>ひめのさん

 『蟲師』はアニメでしか観たことないのです。なんか、あれが最近の『○○師』ブーム(?)のハシリみたいな気もしますね。それとも、ハガレンなのかな?

>TOMTOMさん

 調べてみると、『チンパン探偵ムッシュバラバラ』は、一九七一年四月五日から七月二十六日の四か月弱しかやってなかったみたいですね。なんか、もっと長くやっていたような印象があるんですけど、子供のころは一年が長いからなあ。

>このドラマの話をして、爆笑された

 無理もないでしょう。私がもっと若くて、むかしそんな番組があったのだと聞かされたら、きっと爆笑します。むちゃくちゃな時代だったんだなあ、と。

>kondohiさん

 前から悩んでるんですが、アンパンマンが雪山で遭難したりした場合、やっぱり自分の頭を食うのでしょうか。口のあたりまで食ってしまったら、そのあとはどうやって食うのかとか……(もっとほかに悩むことはないのか)。

投稿: 冬樹蛉 | 2007年1月21日 (日) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/13483479

この記事へのトラックバック一覧です: 木を隠すなら森の中:

« 野生の嗜好 | トップページ | 不二家の罪 »