« 像を踏んでも壊れない | トップページ | Web 2.0 的ビジネスモデルの祖先 »

2006年11月 1日 (水)

銭の花は清らかに細かい

 最近世間を騒がせている“バラバラ紙幣”事件なんだが、どうも、やることが中途半端で面白くない。

どうせなら、粉末にして撒けばいいのに。

 それだと世間は騒ぎませんかそうですか。



|

« 像を踏んでも壊れない | トップページ | Web 2.0 的ビジネスモデルの祖先 »

コメント

前に、京都放送のローカルニュースで
紙幣を燃やしてばらまいた人がいたのが、報道されてたです

投稿: かおる | 2006年11月 2日 (木) 09時06分

いっそ、全1円玉換金して、道路にばらまくと……。交通遮断で話題性も豊富……。

投稿: 神北恵太 | 2006年11月 4日 (土) 03時35分

>かおるさん

 燃やすのは岐阜県の専売特許かと思ってましたが……。

>神北恵太さん

 お金だとわかったら面白くないですよ。さらにその一円玉を粉末にして撒けば、レーダーも攪乱できて一石二鳥(なにが)。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年11月 4日 (土) 23時33分

>お金だとわかったら面白くないですよ。
私は、お金だとわからないと面白くない、と思うんだけどなぁ(^ ^;)

投稿: クレイン | 2006年11月 5日 (日) 14時31分

>クレインさん

 お金だとも知らずに、その粉末をみんなが吸い込んでいる(^_^;)といった痛快さを私は好むのであります。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年11月 7日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/12510665

この記事へのトラックバック一覧です: 銭の花は清らかに細かい:

« 像を踏んでも壊れない | トップページ | Web 2.0 的ビジネスモデルの祖先 »