« 学力なるものを向上して、いまの時代、なんの得がある? | トップページ | “単衆”の叡智? »

2006年11月26日 (日)

『BLOOD+ COMPLETE BEST』(アニプレックス)

 『BLOOD+』というアニメをとりあえず横に置いておくとしてもだ、盛んにテレビCMでやってるとおり、高橋瞳元ちとせHYDE中島美嘉UVERworldアンジェラ・アキジンK(ケイ) という錚々たる才能のコンピレーションがこの値段だと考えれば、たいへんお値打ち感のある買いものである。『BLOOD+』なんて知らない人でも買いでしょ。ハードウェアのほうではいろいろナニなアレで斜陽感が拭えないソニーだが、なあに、いまの世の中、コンテンツを握ってるやつはどう転んでも強いのである。もう、ANIPLEX の思うツボ、こうやって喜んで乗せられて買ってしまうやつがここにいる。事実、これだけ豪華なものをこの価格で出せる企業グループはそうそうないだろう。オープニングやエンディングの曲が次々変わってゆくものだから、最近の傾向からすると、アニメの放映が終わったあとにこういうコンピレーションが出るだろうなと、ぼんやり予測してはいたけどね。これはこれで、もはや現代のマーケティングとしては確立されたやりかたであって、あざといとも思わなくなったよ、おれは。

 で、『BLOOD+』なんだが、個人的にはたいへん好きである。やっぱり吸血鬼はいい。最初のころは、あまりにもとろとろと進む話に首を傾げたが、完結してみると、結局おれはこの作品が大好きだったのだということがよくわかった。おれが吸血鬼を好むのは、たぶん、日陰者が背負う悲哀みたいなものに美を見い出すからではないかと思うのだが、『BLOOD+』では、日陰者の吸血鬼ですらない人工の吸血鬼「シフ」という連中が出てきて、こいつらがじつに哀しくていいのだよなあ。日陰者のパチもんとして生まれてきて、運命と闘い、運命を受け容れるいいやつらなんて、じつにカッコいいじゃあありませんか。いやまあ、御託を並べてはいるが、結局のところは、日本刀振りまわす少女が好きだということに尽きて、オリジナルのコンセプトにずっとハマっているだけなのかもしれないのだけれどね。

 さすが“土6”アニメだけあって、オープニングやエンディングにやたら気合いが入っているなあとは思っていたんだが、テーマソングのコンピレーションCDに、クレジット抜きの映像と音楽が全部こうしておまけDVDで付いてくるとはね。これは安い。高いけど安い。オープニングとエンディングは、それぞれ四つずつあり、二番めと三番めのオープニングは、単独の映像作品としても十二分に見応えがあって、アニメをまったく知らない人でも楽しめると思う。おれは、ちょっとアール・ヌーヴォーっぽいテイストの二番めのオープニングがとくに好きだ。

 なんだかんだ言って、振り返ってみると、この作品はひとえに元ちとせに救われていると思いますなあ。ああいう終わらせかたをしたのもとてもよくわかるし、最後の最後は、やっぱり元ちとせの「語り継ぐこと」で締めたのも、無理のないところでしょう。これからほぼ永遠の時を“断続的”に生きてゆくであろう音無小夜にとっては、この『BLOOD+』の時代も、その生のほんの断片にすぎないわけだけれども、ほんの断片だからこそ、それはまたとてもいとおしく、せつないのであるのよなあ。

 このあと、やがて目覚める小夜をめぐる近未来SFとして(?)、『BLOOD++』だか『BLOOD#』だかが語られることになるかどうかはわからないが、おれはまたどこかで小夜が日本刀振りまわすとこを観たいね。



|

« 学力なるものを向上して、いまの時代、なんの得がある? | トップページ | “単衆”の叡智? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/12824002

この記事へのトラックバック一覧です: 『BLOOD+ COMPLETE BEST』(アニプレックス):

» 2006年のNHK紅白歌合戦、出場歌手決定! [今日の気になるニュース@総合]
2006年11月29日、第57回NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表されました。 東京・渋谷区にあるNHKのスタジオで記者会見が行われ、今年が紅白歌合戦に初登場となるアーティスト、計12組(赤組:6組 / 白組:6組)のうち、9組が参加しました。 それぞれ緊張した面持ちでしたが、あこがれの晴れ舞台への意気込みを語りました。 紅白歌合戦の出場歌手と意気込みのコメントは以下の通りです。 ●紅組 ・アンジェ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 16時54分

» 無料PV「 一色 」 NANA starring MIKA NAKASHIMA [最新J☆POPレビュー]
NANA starring MIKA NAKASHIMA 「一色 」のPV 最... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 12時34分

» 無料PV「君の好きなうた 」 UVERworld [最新J☆POPレビュー]
UVERworld 「君の好きなうた 」のPV 最新JPOPランキング 最新J... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 14時19分

« 学力なるものを向上して、いまの時代、なんの得がある? | トップページ | “単衆”の叡智? »