« ここはひとつ、世界史的に書いてみたりして | トップページ | 扇を磨く »

2006年10月28日 (土)

病は国のまほろば?

開業医「言いなりに診断書」 奈良市の長期病欠職員 (asahi.com)
http://www.asahi.com/national/update/1027/OSK200610270044.html

 42歳職員の他の病名は市への提出順に、右ひざ関節炎、一過性脳虚血発作、多発性神経痛、左ひざ関節炎、椎間板(ついかんばん)ヘルニア、背部神経痛、左座骨神経痛、右座骨神経痛、左ひざ内側の側副靭帯(じんたい)損傷など。開業医を含む4病院が診断書を作成。職員は04年以降、三つの病名を交互に繰り返していた。

 そ、それはたいへんだ! 絶対、悪い電磁波で攻撃を受けてるよ。早く白装束に着替えなさい!



|

« ここはひとつ、世界史的に書いてみたりして | トップページ | 扇を磨く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/12456019

この記事へのトラックバック一覧です: 病は国のまほろば?:

« ここはひとつ、世界史的に書いてみたりして | トップページ | 扇を磨く »