« 流行の先取り | トップページ | この人たちはなんでしょう? »

2006年10月24日 (火)

擬態超菓子「みたらし団子グミ」登場

Mitarashi01Mitarashi02Mitarashi03 会社の帰りに行きつけのコンビニで晩飯を買っていたら、とんでもないものが並んでいた。われとわが目を疑うとはこのことだ。

「みたらし団子グミ」

 ってあのなー……。チャレンジにもほどがあるぞ。

 あまりの蛮勇に感心したので、ノーベルの商品企画担当者に敬意を表して一個買ってみる。百五円也。

 晩飯のあとに食ってみると、これがなかなかどうしてビミョーである。口に入れてくちゃくちゃ噛む。団子“風”の白いグミの中に、みたらし団子のタレ“風”の蜜が入っている。“風”がふたつも重なっている。これは、けっしてみたらし団子ではない……。だが……「えっ!?」と、ほんの一瞬、みたらし団子の擬態が成功しているかに思われるときがある。が、すぐにグミに戻る。ところがまた、ほんの一瞬みたらし団子になる。なんじゃこりゃ? それはたとえば、目をつぶって汁粉を飲んでいたら一瞬ココアのように思われたのだがわれに返るとやっぱり汁粉以外のなにものでもなかったとでもいうような、せつないにせもの感がほの薫る秋の夜の夢なのだった。

 とびきりうまいわけでもないが、まずいというわけでもない。あえて言うなら、“愉快、痛快、奇々怪々、怪奇を暴け、SRI”としか表現のしようがない味である。

 そういえば、以前ポッドキャストを聴いていたら、池澤春菜嬢が、みたらし団子への迸る愛を、熱に浮かされたように語っていらした。人は愛のためには鬼になれるのかと、はなはだ感銘を受けたことであった。池澤春菜嬢に於かれては、ぜひ一度、「みたらし団子グミ」をお試しいただきたいものである。「こんなの、みたらし団子じゃないっ!」と、春菜嬢のお怒りに触れてもおれは知りません。



|

« 流行の先取り | トップページ | この人たちはなんでしょう? »

コメント

毎度アレな商品紹介を拝見して楽しんでおります。
これは、すごい。
つうか、誰だよ、こんなの考えたの。徹夜でハイなまま企画通してしまったとしか思えんw

ところで、カエラーの冬樹さんのこちらの本の評価は如何でしょう。

カエルグッズコレクション1000 (大型本)
鈴木 莉萌 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4416806582/ref=sr_11_1/503-1576482-4577536?ie=UTF8

投稿: デモステネス | 2006年10月25日 (水) 00時24分

>デモステネスさん

 その本は知りませんでした。ありがとうございます。なかなかよさげですね。なんか、連鎖的に散在させられそうな予感もしないではないですが……(^_^;)。どこかで中身を見てみます。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年10月26日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/12398154

この記事へのトラックバック一覧です: 擬態超菓子「みたらし団子グミ」登場:

» みたらし団子グミ(ノーベル) [ブログで情報収集!Blog-Headline/food]
「みたらし団子グミ(ノーベル)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年10月24日収集... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 22時52分

» タコ忍者。ニンニン! [どーでも動画【youtube】]
このタコ近づいても、ほとんどわかりません!!ここまで擬態化しているのは、はじめて見ました。海にはまだ、こういうニンニン隠れていそうだ^^ [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 01時30分

« 流行の先取り | トップページ | この人たちはなんでしょう? »