« カントリー・アイデンティティー考 | トップページ | principle のない principal »

2006年10月18日 (水)

Never having to say you are 総理

 丸谷才一もどこかで書いていたと記憶しているが、内閣総理大臣を「総理」と略すのは、おれには気色悪くてしかたがない。ニュース番組のキャスターまでが言っているのは、いかがなものかと思う。たしかに、むかしからこの「総理」は使われていたが、辻本清美「ソーリ、ソーリ、ソーリ、ソーリ!」をやってから、輪をかけてひどくなったような気がしないでもない。どうもあのころから、ちゃんと「首相」という人が減ってきたような気さえするのだ。まあ、「総理」より言いにくいとは思うけどね、おれも。

 あなたが新聞記者だったとしてですよ、議場に向かう外務大臣に追いすがり、ICレコーダーを突きつけて「外務、外務! なにかひとこと、外務!」などと呼びかけますか? そんな言いかたが定着してしまったら、相手が高市早苗のときにはどうするのだ、記者諸君?



|

« カントリー・アイデンティティー考 | トップページ | principle のない principal »

コメント

>辻本清美が「ソーリ、ソーリ、ソーリ、ソーリ!」をやってから、
英語圏だったら”PM,PM,PM,PM!”とか言ったんですかねえ。

投稿: ROCKY 江藤 | 2006年10月18日 (水) 02時50分

 "Listen...listen,listen."とか"Please, please, please."とか"Say, say, say, say"とか……フォ~~(ああ、なつかし)。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年10月24日 (火) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/12325256

この記事へのトラックバック一覧です: Never having to say you are 総理:

« カントリー・アイデンティティー考 | トップページ | principle のない principal »