« 英語教育のハコモノ行政 | トップページ | “矮惑星”ってのはどうも違和感があるので…… »

2006年9月 1日 (金)

今月の言葉

薄皮五右衛門

 火力が弱くても、芯が残らず軟らかく煮えます。



|

« 英語教育のハコモノ行政 | トップページ | “矮惑星”ってのはどうも違和感があるので…… »

コメント

五右衛門ブロウ

 お釜に空気を吹き込むと良く燃えて熱い湯になります。

投稿: ROCKY 江藤 | 2006年9月 1日 (金) 00時06分

ウイスカー五右衛門

 静止軌道から地上まで伸ばしても切れません。

投稿: 林 譲治 | 2006年9月 1日 (金) 07時02分

 最近のトウモロコシは、品種改良が進んで3~4分で煮えます。
 なお、トウモロコシは収穫した瞬間から発熱が始まり、糖分が分解していきますので、煮る直前まで冷やしておくと、甘みが失われにくいそうです。

 お湯から煮ることを除けば、冷蔵庫に入れておくとか、ちょっと塩を入れてゆでるとか、3~4分で煮えるとか、ほとんどゆで卵と一緒。

投稿: デモステネス | 2006年9月10日 (日) 23時40分

>デモステネスさん

 五右衛門も品種改良が進んでいるのでしょうか。十三代めの人はたしかに軟らかく煮えそうですが、食べるとこがあんまりなさそうです。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年9月10日 (日) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/11709487

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の言葉:

« 英語教育のハコモノ行政 | トップページ | “矮惑星”ってのはどうも違和感があるので…… »