« 安めぐみのブログ | トップページ | 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ »

2006年8月24日 (木)

関敬六、逝く

「寅さんの親友」、関敬六さん死去 浅草舞台史彩る (asahi.com)
http://www.asahi.com/obituaries/update/0823/002.html

 栃木県生まれ。大学卒業後、喜劇役者・榎本健一率いるエノケン劇団を経て、東京・浅草六区のストリップ劇場「フランス座」に所属。同期の渥美清、谷幹一とともにお笑いトリオを結成し、テレビ界の人気者に。解散後は浅草に「関敬六劇団」を結成し、浅草の舞台史を彩った。不器用ながら人間味あふれる演技で観客を沸かせ、浅草を代表する芸人になった。山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズでは、「寅さん」の親友のテキ屋役を演じた。ヒット曲に「浅草の唄(うた)」「商売繁盛」がある。

 ああ、もう再結成はないのか……。寂しい。

 なんの再結成って? スーパースリーだよ、スーパースリー! ♪コイルはでぶっちょ、ボヨヨのヨン、のスーパースリーに決まっておろうが。関敬六といえば、おれにとっては第一義的に『スーパースリー』のコイルなのだ。そりゃあもう、天本英世死神博士なのと同じくらい関敬六はコイルなのだ。しかし、こうして改めて絵を見ると、スーパースリーって、ゲッターロボに似てるな

 いつか三人で座談会とかやってほしかったのになあ……。

 寂しいので、今夜は『スーパースリー』のテーマソングを聴こう(って、ふだんもけっこう聴いてるけどな)。

 ラーーーーーリホーーーーーーーーっ!



|

« 安めぐみのブログ | トップページ | 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ »

コメント

 オイラにとっては、何よりもガンロックなのだが、コイルでもあるんだよなぁ。

投稿: 神北恵太 | 2006年8月24日 (木) 11時56分

そういえば、昔、新宿の伊勢丹で、歌いながら歩いている天本氏を見かけたことがありました。背が高かったなあ。

こういう訃報を聞く度に、自分が歳をとっていくことを感じますね。私もあまり先は長くない(苦笑)。

投稿: オオカミ | 2006年8月25日 (金) 01時13分

>神北恵太さん

 ハンナ・バーベラには欠かせない人でしたねえ。なんちゅうか、仮に実写でやっても、やっぱり配役は関敬六だろうと思わせる存在でした。

>オオカミさん

 われわれにとっての昭和が、ひとつ、またひとつと、完全に過去のものになってゆきますね。寂しいことです。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年8月28日 (月) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/11579634

この記事へのトラックバック一覧です: 関敬六、逝く:

« 安めぐみのブログ | トップページ | 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ »