« カテゴリーの新設 | トップページ | 記憶の重畳効果 »

2006年8月 2日 (水)

また東京に活を入れてやれ

朝日放送の赤江珠緒アナ「サンプロ」登板 (asahi.com < nikkansports.com)
http://www.asahi.com/culture/nikkan/NIK200608010021.html

 ありゃりゃりゃりゃ、なんてことだ、ついこのあいだ「赤江のタマちゃんが帰ってくる」と喜んでいたら、また東下りするのか。よっぽどテレビ朝日に気に入られたんだな。日曜の番組だけだから、べったり東京へゆくことになるのかどうかはよくわからないが、せっかくであるから、人材の不足しているテレ朝で関西パワーをぶちかましてきていただきたい。

 それにしても、東京のキー局の番組って、どうしてあんなにつまらないんだろう? 関西の準キー局が作っている番組のほうが、圧倒的にパワーがあって面白い。インターネットがメディアとして無視できない力をつけてきたもんだから、カタチのうえで“中央”であることにしがみついているキー局はどんどん画一的で右顧左眄的な“薄い”存在になってゆき、いま、“濃い”ローカル性こそが電波媒体でも力を持ちつつあるのではあるまいか。

ABC、ギブソンさん番組への支援打ち切る (asahi.com)
http://www.asahi.com/culture/update/0801/036.html

 え? 朝日放送って、メル・ギブソンの番組を支援したりしてたのか? などと一瞬思ってしまった。同じ日にこういうニュースが出ると紛らわしい。



|

« カテゴリーの新設 | トップページ | 記憶の重畳効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/11198601

この記事へのトラックバック一覧です: また東京に活を入れてやれ:

« カテゴリーの新設 | トップページ | 記憶の重畳効果 »