« 記憶の重畳効果 | トップページ | ぶりぶりざえもんは出ないのか? »

2006年8月 4日 (金)

Fahrenheit 100

米国の熱波被害、中・東部にも NY市「非常事態」 (asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0803/006.html

 すさまじいね、これは。ぬるめの風呂に何時間も入り続けているような感じなのかな。意識が混濁して「♪入浴! 入浴!」と唄い続けている人だっているだろう(いるかぁ?)。そりゃ、体力のない者は命にかかわるわなあ。なにやら電力不足を強調したような記事になっているが、ニューヨークやシカゴのような貧富の差の大きい大都市には、そもそも家にクーラーなんてついていない貧しい人々だってたくさんいるだろう。どうやってしのいでいるのだろうな? こんな熱波が日本を襲わないことを祈るばかりだ。おれは夏が苦手だから、まずまちがいなくのびてしまうだろう。

 夏ってのは、なにしろ、全裸以上には裸になれないというところが、まことに理不尽である。まあ、アメリカのニュースを見ていると、日本はまだまだ涼しいと思い込むことはできるけれども……。



|

« 記憶の重畳効果 | トップページ | ぶりぶりざえもんは出ないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/11251301

この記事へのトラックバック一覧です: Fahrenheit 100:

« 記憶の重畳効果 | トップページ | ぶりぶりざえもんは出ないのか? »