« 心に愛がなかったら ただのゲームさ戦いも | トップページ | これがなかなかうまい »

2006年7月26日 (水)

「蚊の鳴くような声で」

 ……などと言うが、蚊は鳴かない。子供のころから気になってしかたがないのである。が、いっそアブラゼミの声で鳴きながら飛んでいる蚊というものを想像してみると、それはそれで、なにもない空間がだしぬけに鳴いているかのようで、鮮烈なイメージではある。



|

« 心に愛がなかったら ただのゲームさ戦いも | トップページ | これがなかなかうまい »

コメント

「カモシカのような脚」
じゃなくて
「カモシカの脚のような脚」
が正しい

……という松本人志のネタを思い出しました。

投稿: マクガイヤー | 2006年7月27日 (木) 23時13分

>マクガイヤーさん

 おおお、さすが松本人志、鋭いですね。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年7月29日 (土) 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/11110786

この記事へのトラックバック一覧です: 「蚊の鳴くような声で」:

« 心に愛がなかったら ただのゲームさ戦いも | トップページ | これがなかなかうまい »