« 恥ずかしいコスチュームのエビちゃん | トップページ | どう言ったというのでしょう? »

2006年2月20日 (月)

ラフェスタのCM

 最近、日産ラフェスタのCMで、むかし懐かしスパンダー・バレエTrue が女声で流れていて、声フェチとして気になった。オリジナルより、おれはいまCMで流れている声のほうが好きだ。誰がカバーしているのだろう? CMにも名前が出ない。

 そこで調べてみたところ、AIMEE B(エイミー・ビー)という人が唄っているそうな。アマゾンで調べても出てこないので、Google であれこれ試してようやくたどり着いたのが、ダグミュージックという会社のサイトである。「TV コマーシャルスタジオシンガーのブッキング」などなどをやっている会社だということで、このサイトの「ダグアーティストCM作品」に“AIMEE B”の名が見える。どうやら、ソロではまだ無名のスタジオシンガーらしい。「LUXスーパーリッチ」「Volvic」「Tialence サウンドロゴ」「ソニーサイバーショット」など、おれも何度も聴いているはずの声だ。なんだ、この世界ではけっこうメジャーなのかな?

 たぶん、ラフェスタのCM用の True は、サビのところしか唄ってないような気がする。全曲唄って、CD出しておいたほうがいいと思うけどな。声フェチの勘なんだが、この AIMEE B の True は、きっとオーバーシュートするぜ。日産の思惑を超えるだろう。このCMでスパンダー・バレエを知った比較的若い世代をはじめ、八十年代ポップスをよく知っているおれたちの世代からも、「あのCDは出さないのか?」と、いまごろ日産に問い合わせが殺到しているのではなかろうか。True のサビのところは、典型的な“頭の中で回る歌”なんである。それに、AIMEE B は、この曲によく合った品のいい(ある意味、個性の弱い)声をしている。個性の強い声のシンガーがしばらくメディアを埋め尽くした感があるので、いま、こういう声が清涼飲料水のようにウケるフェーズに来ているのではないか。

 それはともかく、このCMのせいで最近 True のサビのとこだけが頭の中を回っていることがよくあって(スパンダー・バレエはそれほど好きじゃなかったから、なにしろCMでやってるあそこしか知らんのだ)、風呂などで鼻歌を唄っていると、途中で歌が変わってしまう――

 ♪Huh huh huh hu-uh huh
  I know this much is true
  Huh huh huh ハァ〜, ハァ〜
  ハクショーン大魔王〜

 余談だが、スパンダー・バレエって、たしかダイアナ元王妃がファンでしたな。

|

« 恥ずかしいコスチュームのエビちゃん | トップページ | どう言ったというのでしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/8747896

この記事へのトラックバック一覧です: ラフェスタのCM:

« 恥ずかしいコスチュームのエビちゃん | トップページ | どう言ったというのでしょう? »