« ケータイ貸してくれ爺さん | トップページ | 『銀齢の果て』(筒井康隆/新潮社) »

2006年1月29日 (日)

死の商人

 たとえば、ある晴れた日、コレが飛んできて、毒ガスや生物兵器を撒いていったら……と想像してしまう今日このごろである。改造して性能をアップし、不正輸出しているやつがいたりして。

 サリンやらなにやらを積んだコレがどこかの国の兵器倉庫に何百機もずらりと並べてある光景を想像すると、ふつうの無線ヘリよりよっぽどコワいと思うぞ。

|

« ケータイ貸してくれ爺さん | トップページ | 『銀齢の果て』(筒井康隆/新潮社) »

コメント

 鉄腕アトムの風船爆弾を思い出しちゃったじゃありませんか (-_-;

投稿: 東部戦線 | 2006年1月30日 (月) 00時16分

>東部戦線さん

 これ、上昇と下降の機能しかないので、まさに風船みたいなものですね。ドラえもん部分に重心を移動させる仕掛けでも組み込めば、実戦(?)に使えるかもしれません。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年1月30日 (月) 00時43分

 いやな話ですが、オモチャに偽装した対人地雷というのは実在します。
 子供のオモチャというのは、兵隊がつい拾いたくなるもののひとつです。また、こどもが拾って被災する危険があるので、民間人が暮らせなくなるという戦略的効果があります。
 ドラえもんや鉄腕アトムの編隊がBC兵器で攻撃をしてきたら、これは脅威でしょうねぇ。いや、マジで。

投稿: 東部戦線 | 2006年1月30日 (月) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/8392433

この記事へのトラックバック一覧です: 死の商人:

« ケータイ貸してくれ爺さん | トップページ | 『銀齢の果て』(筒井康隆/新潮社) »