« 『古畑任三郎ファイナル 第2夜』 | トップページ | 『古畑任三郎ファイナル 第3夜』 »

2006年1月 5日 (木)

高慢と変遷

 『プライドと偏見』という映画のCMをテレビでやたら流している。むろん、ジェーン・オースティンの Pride and Prejudice である。大むかしは『高慢と偏見』が定訳で、やがてそれが『自負と偏見』になり(おれが持ってる文庫本はこのタイトルだ)、いまやこの映画化によって、文庫の帯や、下手するとタイトルまでが『プライドと偏見』になってしまうのだろう。そんな気がする。そのうち、『プライド・アンド・プレジャディス』にでもなってしまうかもしれん。本の背が見苦しいことおびただしいにちがいない。

 それはともかく、キーラ・ナイトレイはなかなか清楚でいいよね。アミダラ姫の影武者としてしかおれは観たことないんだが、どっちかというと、ナタリー・ポートマンより品があるような気がおれにはしていて、だからエピソード1にはすごく違和感を覚えるのである。どっちが侍女だかわからない。まあ、単におれの偏見かもしれないけど。



|

« 『古畑任三郎ファイナル 第2夜』 | トップページ | 『古畑任三郎ファイナル 第3夜』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/8276882

この記事へのトラックバック一覧です: 高慢と変遷:

« 『古畑任三郎ファイナル 第2夜』 | トップページ | 『古畑任三郎ファイナル 第3夜』 »