« 遡及効果 | トップページ | [間歇日記]休止期間中の日記からよりぬき転載することにした »

2006年1月13日 (金)

風呂に入るのが面倒くさい人に控えめな提案

 いま風呂から上がったところだ。ああ、風呂入るのが面倒くさい。おれは風呂が嫌いではない。どちらかというと好きなのである。好きだが、時間のない平日はとくに面倒くさい。いったん入ったら、中途半端に洗って出てくるのは入らないよりも気色が悪いので、結局なんだかんだで一時間半くらい潰れてしまう。ああ、面倒くさい。二十四時間のうちの一時間半などというのは、あまりにももったいない。ああ、面倒くさい。

 まあ、おれなんかはまだ、ドモホルンリンクルの製造ラインに生まれなかっただけましだと考えれば、少しは気が楽になる。風呂に入るのが面倒な人は、ぜひそう考えて、わが身の幸福を噛み締めていただきたい。分解に一時間、洗浄に二時間、組み立てに一時間かけて風呂に入らねばならないとしたら、そりゃあ、たいへんにちがいないぞー。ドモホルンリンクルの製造ラインがどんな前世の報いであのような過酷な目に会っているのかは知る由もないのだが……。

|

« 遡及効果 | トップページ | [間歇日記]休止期間中の日記からよりぬき転載することにした »

コメント

 毎日何時間もかけて洗浄やら何やらやっているというのは、一見すると良心的に思えるけど,合理的な品質管理ができない、製造ラインとしてはかなり問題ありということじゃないかと、あのCMを見るたびに思うのですよね。非効率な長時間勤務を是とする日本でなければ受け入れられないCMかも。

投稿: 林 譲治 | 2006年1月14日 (土) 10時58分

>林譲治さん

 あの会社にちょっと危うさを感じるのは、そういうところです。つまり、個人としての職人のやりかたを企業でやっている点ですね。ですから、あの会社はある程度の規模以上にはなってはいけないのでしょう。規模の成長戦略は採らないのではないかと思います。そのわりには、テレビでCMしてますけど。

投稿: 冬樹蛉 | 2006年1月14日 (土) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/8135583

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂に入るのが面倒くさい人に控えめな提案:

« 遡及効果 | トップページ | [間歇日記]休止期間中の日記からよりぬき転載することにした »