« 京ぽん還る | トップページ | ハロルド・ピンターとSFの接点 »

2005年10月15日 (土)

きみたちがいて、ぼくがいる

 金曜日にしては早く帰ったら、テレビでヘリコプターにミサイルが突っ込んできていた。映画『チャーリーズ・エンジェル』(2000)だ。おれはけっこうこのバカ映画が好きである。DVDも衝動買いして持っていて、ストレス解消に環境ビデオのようにして使ったりしている。なーんにも考えたくないときに観るのには、最高の映画だ。

 なんつっても、キャメロン・ディアスが可愛いなあ。というか、ほかの映画でキャメロン・ディアスを観ても、あんまりいいとは思わないのだが、なぜかこの映画の彼女はいい。観るたびに笑ってしまうのは、キャメロン・ディアスの

 「ニッホンゴ、シャブルノ、スゴイネー」

 である。しゃぶるなー! おれは、ひょっとしてこれは、製作側がわざと言わせているのではないかと疑っている。これだけ金のかかっている映画だ、日本語指導の人くらいちゃんとついているだろう。ついていて、あえて誤った日本語を“しゃぶらせて”いるのではないかと思うのだ。キャメロン・ディアスの口に、とにかく「しゃぶる」と言わせたいという企みなのではなかろうか。もしかしたら、日本語指導の人ひとりの個人的いたずらだったりして。

|

« 京ぽん還る | トップページ | ハロルド・ピンターとSFの接点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/8256670

この記事へのトラックバック一覧です: きみたちがいて、ぼくがいる:

« 京ぽん還る | トップページ | ハロルド・ピンターとSFの接点 »