« ある夫婦の正月 | トップページ | 歯を抜く »

2005年1月 3日 (月)

慌しい正月休みだった

 ふだんの土日のほうがよっぽどゆっくりできるではないか。もう正月はこりごりだ(っつっても、来年もやってくるわけだが)。ああ、明日から会社か。ほんと、せわしないよなあ。

○今回の年末年始でよかったこと・その1
 ・お笑いがたくさん観られた。

○今回の年末年始で不快だったこと
 ・あちこちに細木数子とかいうなんの藝もない詐欺師が現れては、思いつきのままにエラそうなことをほざいていた。公共の電波であんなものを流す放送局の見識を疑う。テレビ朝日はえらい。長井秀和は正しい――「細木は占いをやれっ!」 職業に貴賎はないというが、おのれがたかが占い師(という看板のセラピスト)であるとわきまえていないやつら、占い師としての社会への貢献のしかたをはきちがえているやつらを、おれは占い師という職業人だとは認めない。なにやら権威のある言説であるかのように好き勝手をほざいて世間を惑わす不逞の輩にすぎない。その中でも細木の類は、言葉の暴力団であり、詐欺師である。

○今回の年末年始でよかったこと・その2
 ・赤江珠緒アナが全国ネットの正月番組によく出ていた。関西人として嬉しい。某不倫アナ万歳である。なにが幸いするかわからない。まあ、朝日放送のローカル番組にタマちゃんが出てこないのは少し寂しいが、せっかくのチャンスは大きくモノにしてほしいものだ。テレビ朝日、朝日放送えらい。

 なんだ、結局、テレビの話ばっかりかよ。

|

« ある夫婦の正月 | トップページ | 歯を抜く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161330/8149762

この記事へのトラックバック一覧です: 慌しい正月休みだった:

« ある夫婦の正月 | トップページ | 歯を抜く »